« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

スタンプ:2011.01.31

cancer スタンプ:1999.08.18

京都出張中、夕食をとるレストランを京極で探していた時に再訪した「印房」で
このスタンプを発見。

Dscf1706
カニの図柄がとてもきれいで、浅い引き出しには入らない長い持ち手がつい
ています。この「マンガスタンプ台帳」は’97年7月に郵送された図案集です。
はっきり思い出せませんがカニ・スタンプを買う前にすでにこのお店へ行き
スタンプを注文し、それが郵送された時に同封されていたようです。
この印房から届いた3通の見本入り注文書封筒が今も手元にあります。mailto

その後引越しをしてしまったり、面白い図案は沢山あるのですが、送料を
払ってまで欲しいものがなくなり2000年2月が最後の郵便となりました。

他にはないというオリジナリティーと顧客管理は大変でしょうが、どのような
職種にも必要だと実感します。

*縦・横:各2.5cm/長さ:6.0cm/¥682

今日のことわざ

*急がば廻れ(Isogaba maware)
ラテン:festina lente
:Make haste slowly.
:Hâtez vous lentement.

ラテン「ゆっくり急げ
英・仏 ラテン語からの訳語。

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色紙:2011.01.30

cancer 色紙:1999.8.

京都出張中に知り合いの方からいただきました。その方も頂いたものだそう
です。Dscf1700
絵手紙のような絵&一言というスタイルの小さな色紙で、上部に掛けるための
紐の輪がついています。この文字とカニの関連は・・・?そして裏にはなぜか
『このへん(三河地方)の方言』が176個ほど書かれています。

Dscf1701
最初に下さった方の地元で見つけたものなのかもしれません。
今、私のところにありますよ。感謝!感謝!

*横:12.0cm/縦:13.5cm

今日のことわざ

*男子の一言、金鉄の如し(Danshi no ichigon,kintetsu no gotoshi)
:My word is my bond.
:parole d'homme

英「私の言葉が私の保証
仏「男の言葉(約束)

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キーホルダー:2011.01.29

cancer キーホルダー:1999.09.04

徳島へは出張で何回か行きました。山があり川が流れ、家の前の流れには
鯉が泳ぎ、行きつけの食べ物屋さんもできて想い出多い所です。
自由な日が1日あった時は駅前から海までバスで行き、遊覧船で鳴門の渦潮
を見たこともありました。自分では四国へ行ったことがありませんでしたが、
仕事で数年の間に全ての県に行きました。

このキーホルダーは徳島駅前のお土産やさんで発見。他に「コアラ」もあり
ました。どこにも“徳島”とは書いてありませんし特産物でもないのですが、
他の場所で同じ物を見たことがありません。

Dscf1705  
動く目とおむすびのような形を見て「猿蟹合戦」の昔話を思い出しました。

*幅:2.5cm/縦:2.0cm/¥399

今日のことわざ

*木から落ちた猿(Ki kara ochita saru)
(1):to feel out of one's element
(2):to be like a fish out of water
(1):se sentir hors de son élément
(2):être comme un poisson sur la paille

英仏(1)「自分の得意の領域でないと感じる
英  (2)「水を離れた魚のよう
仏  (2)「藁の上の魚のよう

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブローチ:2011.01.28

cancer 竹製ブローチ:1999.09.06

自分でもちょっと驚いたり、あきれたりしますが昨日は記念すべき200回目の
ブログでした。これで家にカニ・グッズが200個以上あることが分かりました。

さて201個目の今日は10月21日にご紹介した、出張先の仙台で竹製箸置き
を2003年1月16日に下さった方から、徳島空港で頂いた竹製ブローチです。

Dscf1698
こうしてみると箸置きと同じ?と思うのですが、比べるとちょっと違いました。

Dscf1704
ほら、箸を置く為に目の位置が違うので直ぐにどれがブローチかわかります。
本当にブローチ?と思ったので、裏を見てみました。

Dscf1699
このピンがついてブローチとして社会に出ただけで、箸置きの何倍かの値段で
売られることになりました。これが”プロデュース”?flair

*幅:5.5cm/縦:2.8cm/竹製

今日のことわざ

*一寸の虫にも五分の魂(Issun no mushi nimo gobu no tamashii)
:Tread on a worm and it will turn.
:Un ver se tord,quand on marche dessus.

いずれも「虫ケラでも、踏まれたら向き直って身構える

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍵掛:2011.01.27

cancer 鍵掛:1999.09.18

昨日に続きこの木製プレートも宮崎で発見。百貨店内にあるカルチャー教室
の見本でした。
講座名は『木彫り』で「新しい仲間と充実した楽しい時間を過ごしたい。そう思っ
ている方のための教室です。ぜひお気軽にご入会下さい。」
そして1回2時間で週2回が4回で入会金は3,000円、受講料は4,000円と
案内に書いてあります。対象は「一般男女」とのこと。宮崎に1ヶ月滞在すれ
ば、自分で作ることもできたのです。ただし費用と滞在費を計算したらいったい
幾らになるのでしょう!!趣味というのは採算抜きの贅沢です。

Dscf1696
直接講師の先生にお願いして、やっと譲って頂きました。最初は材料費
2,500円で自分で作って下さいと言われ、出来上がりは5,000円と言われ
ましたが、なぜ欲しいかを説明して少し安くして頂きました。
それでも今まで自分で購入したカニの中では一番高価なものだと思います。

昔、母が鎌倉彫を習っていたことがあり今もその時作った鏡やお盆が家に
あります。道具はどこかに行ってしまいましたが、このカニを見ていると自分
でも作ることができそうな気がするのですが・・・。贅沢をするには自分で
時間を作らなくてはなりません。

*幅:29.0cm/縦:19.5cm/厚さ:1.8cm/¥3,500

今日のことわざ

*商売は商売(Shobai wa shobai)

西洋にも同じ表現がある。親しい仲でも商売には私情を加えることは出来
ないとの意。
:Business is business.
:Les affaires sont les affaires.

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スポンジ:2011.01.26

cancer 動物スポンジ:1999.09.21

すでに9.30、10.1に南フランスで買ったお風呂用スポンジをご紹介し、これ
が3個目です。100円ショップでの発見で、それがなぜか出張中の宮崎です。

Dscf1695
なぜ毎回こんなにかさばるものを遠くで買うことになるのか?そして前の2つも
『2€ショップ』でこれも『100円ショップ』...。今回のものはパッケージ入りで
『★子供のお風呂に最適❢』と書かれていますが、どれも何回か使うとどうに
かなってしまいそうな作りです。
なぜ毎回使えそうもないものを...と思いますが、このふっくらした形を見て
思わず買ってしまったのでした。

*幅:17.0cm/縦:12.0cm/材質:スポンジ/中国製/¥105

今日のことわざ

*身ほど可愛いものはない(Mi hodo kawaii mono wa nai)
:Near is my shirt,but nearer is my skin.
:La peau est plus proche que la chemise.

いずれも「皮膚は下着より身体に近い

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小物入れ:2011.01.25

cancer 小物入れ:1999.09.25

出張中、滋賀県草津のデパートで発見。ギフト商品売り場の棚に飾られて
いて、この丸い可愛らしい形が目に入りました。Dscf1694
紙箱入りで説明が同封されていました:『ゆらゆらとスイングするかわいいカニ
の小物入れです。身の回りの小物の収納にお使い下さい。』
イラストで甲羅部分に『携帯電話や名刺・リモコン・カード類を入れたり・・・』、
はさみには『左右のツメにメモやカードをはさめるよ。』と書かれています。

Dscf1692
さっそく小物を入れて紙を挟んでみました。働き者のカニです。sign03

*幅:14.0cm/縦:7.6cm/幅:4.2cm/材質:ホワイトウッド/¥1,575

今日のことわざ

*仕事は多勢(Shigoto wa tazei)
:Many hands make light work.
:A plusieurs,la besogne va vite.

英「人手が多いと仕事が手早く済む
仏「数人の方が仕事がはかどる

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

髪留め:2011.01.24

cancer 髪留め:1999.10.05

中野の地下1階にあるスーパー前の、陶器市や便利グッズの販売を時々して
いる場所で100円グッズ販売をしている中に発見。
子供用の髪留めで、2セット入っています。

Dscf1691
自分の髪はそれほど長くないですし、これを付けての外出はちょっとためらい
ます。何かを止めるのに代用できるかもしれません。

*カニ部分ー幅:2.5cm/縦:2.0cm/日本製/¥105

今日のことわざ

*無用の長物(Muyo no cho-butsu)
:It's  a white elephant.

それは白い象である」(それは厄介なものだ。)

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもちゃ:2011.01.23

cancer おもちゃ:1999.11.14

大阪出張中に同じ方から頂いた3個目、最後のカニです。
私が買ってすでにご紹介済みの海の生き物セットの1つと同じだと思います。
たぶんお孫さんに買ったものからこれだけ抜き持って来てくださったのでしょう。

Dscf1690
はさみの先だけ赤く、可愛らしいカニです。

*幅:6.0cm/縦:4.0cm

今日のことわざ

*独り相撲を取る(Hitori-zumo o toru)
:to tilt at windmills
:se battre contre des moulins à vent

いずれも「風車に戦いをいどむ」(ドン・キホーテの物語に由来する)

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色紙:2011.01.22

絵色紙:1999.11.14

これも出張中の大阪で、来日していた女性から頂いた2つ目のカニです。
大きなサイン色紙に絵の描かれたものはデパートの美術品売り場などで見た
ことがありますが、こんなに小さいものがあるとは知りませんでした。

Dscf1688
額に入れて飾ったりするのでしょうか?カルタのように「あ・い・う...」とあって、
単語を覚えるというものでもなさそうです。
もちろんフランス土産ではなく、来日したその日に見つけてくれたものでした。

裏には価格の記されたシールがついたままです!!happy02

*縦・横:7.5×7.5cm/(¥210)

今日のことわざ

*弘法にも筆の誤り(Kobo nimo fude no ayamari)

西洋では紀元前8世紀のギリシアの詩聖ホメーロス(ホーマー)でも時には
居眠りして駄文を草することがあるという言葉がある。
:Even Homer sometimes nods.
:Homère lui-même sommeille quelquefois.

いずれも「ホーマーでも時には居眠りをする

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キーホルダー:2011.01.21

cancer キーホルダー:1999.11

大阪出張中、フランスから来日していた女性画家からのプレゼントです。
彼女の姪が働くホテルのものだそうで、初めて見たときはデザイン、重量感、
珍しさに大感激しました。

Dscf1687
10年以上過ぎて黒ずんでしまいましたが、初めはピカピカshineでした。
裏面にはホテルの名前と電話番号が刻まれています。ホテルの名前から
海辺にあることが分かります。それでカニがマークなのでしょう。カニ料理も
あるのかしら、タオルや備品にももしやこのマークがついているのかしらと、
想像が膨らみます。

海外のホテルの鍵にはよく大きな部屋番号タグなどがついていますが、これは
普通のキーホルダーなので、宣伝用のものなのかもしれません。
ホテルで販売しているものなのか?いずれにしても不思議な縁でめぐり合う
ことができました。MERCI !!

*縦・横:3.3×3.3cm/チェーンの長さ:12.5cm

今日のことわざ

*漁夫の利(Gyofu no ri)―戦国策
:Two dogs fight for a bone and the third runs away with it.
:Quand deux chiens se battent pour un os,c'est le troisième qui
   l'emporte.

いずれも「二匹の犬が一本の骨を争い、第三の犬がそれをもって逃げる

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

COUNTRY MUG:2011.01.20

cancer マグ・カップ:1999.11.29

これも大阪出張中に梅田で発見。レシートに“月曜日/11:10/アメリカン
ザッカ”とあります。見つけた時は『こんなデザインがあるんだ!』と驚きました。

Dscf1684
見るからに外国製のカップで、他にも塩・胡椒入れが同額でありました。
ずっと箱に入れたまま、棚にしまってありましたがせっかくのインパクトなので
少し前から食器棚のガラス越しに見えるところに飾ってあります。

Dscf1686
鏡を使ってもなかなか全体が見えないのですが、大きなカニ以外に中・中・小
3匹のカニがカップの回りに描かれています。

Dscf1685
紙箱は木の家をデザインしたもので、窓にはくもの巣、樽の横には鼠、扉の
前には犬まで描かれ、全てにアイデアとユーモアが感じられます。
そして小さな英文文字で「環境保護のため箱はリサイクル紙でできています」。

楽しいカップではありますが、ちょっと使いずらそうで弱そうなので飾るだけに
しています。

*直径:8.6cm/高さ:9.3cm/ハンド・プリント/スリランカ製/¥1,575
他にフラミンゴ、ペリカン、象、縞馬、熱帯魚などのデザインありと説明文。

今日のことわざ

*精神一到何事か成らざらん (Seishin itto nanigoto ka narazaran)―朱子
:Where there's a will,there's a way.
:Vouloir,c'est pouvoir.

英「意志があるところには方法がある
仏「望むことは出来ることだ

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本:2011.01.19

cancer 本:1999.11.30

出張で大阪へ行き、ホテルと仕事場の途中にある「阪急古書のまち」で発見。
『カニ食大図鑑』という小学館の本です。

Dscf1680
帯に書いてある“目でしゃぶりつく カニ道楽図鑑”、“愛カニ家必携”という聞き
なれない言葉が心を捕らえます。
内容は16種類のカニの●一番美味しい食べ方●本場の味自慢の店
●産地取り寄せ情報●詳細イラスト図鑑&解説
で、写真がとてもきれいです。

Dscf1681
この本は『サライ』1997年第1号「カニ食図鑑」をもとに、増補加筆を行った
ものだそうです。この本のことは知っていましたが1号がカニだったとは!!

第1版の発行は1998年2月10日でしたが、紙質、写真の美しさ、情報量、
テーマの特殊性などからか、価格がちょっと高めの1,785円ということで
発行の約2年後に古書の町で出会うことになりました。

このシリーズには他にも●ガラクタ道楽●老舗饅頭●一度は使ってみたい
季節の言葉など、沢山のこだわりの本がすでに発行されています。

*A5判/127ページ/¥1,785→1,260

今日のことわざ

*天は自ら助くる者を助く(Ten wa mizukara tasukuru mono o tasuku)―西洋
                 の諺  原典はギリシア語。

:Heaven helps those who help themselves.
:God helps those who help themselves.
:Aide-toi,Dieu t'aidera.
:Aide-toi,le Ciel t'aidera.

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガラスの器:2011.01.18

cancer ガラスの器:1999.12.07

今年1月5日に今回の4ヶ月ほど後に買った同じ器の色違いを紹介済みです。
あの時は中野の100円ショップで水色とピンクを買い、水色をプレゼントした
のでこれは中野の違う100円ショップで発見し水色と青を自分用に加えました。

Dscf1683
前回も名称を何にしようかと思いましたが“ガラス小物入れ”でもなく、“灰皿”の
ようでもあり、確かに何を入れるか少し迷う形ではあります。

Dscf1682
ですが3個そろうときれいです!!heart02今年は夏のデザートに使ってみましょう。

*幅:14.5cm/縦:11.5cm/高さ:3.0cm/¥105×2個

今日のことわざ

*多多益々弁ず(Tata masu-masu benzu)―十八史略
 漢の高祖が用兵を尋ねた時の韓信の答で戦略戦術に関するものであった
 が、現代ではお金の場合などにいう。

:Abundance is welcome.
:Ce qui abonde ne nuit pas.

英「沢山あることは結構なことだ
仏「有り余っても害にならない

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キーホルダー:2011.01.17

cancer キーホルダー:2000.01.26

高松で発見したもの3日目、最終はスライド・ミラーつきのキーホルダーです。

Dscf1675
これと同じ形で色違いを持っていますが、先ずがあった事と裏にお店の
シールがついているのがこのお店で買った証です。

Dscf1676
これと一緒に違うカニのキーホルダーを1つ買ったのですが、プレゼントをした
ので手元にはありません。
結局総額1,680円分の雑貨を購入して、お店の宣伝用備品のうちわなどを
いただいたことになります。

*幅:6.5cm/縦:5.0cm/¥315

今日のことわざ

*目は心の鏡(Me wa kokoro no kagami)―孟子
西洋にも全く同じ表現がある。
:The eyes are the mirror of the soul.
:Les yeux sont le miroir de l'âme.

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箸置き:2011.01.16

cancer 箸置きセット:2000.01.26

昨日紹介の宣伝備品を高松店でもらえた理由のひとつは、この箸置きセットを
購入したおかげです。
久し振りに箱を開け、1個づつ包まれている薄紙から5個全てを初めて出して
みましたが形が本当にきれいで、あの大きな動く看板のかにのようです。

Dscf1673
そして裏には店名入り!他では売っていませんから、この価格でも迷わず
買ってしまいました。heart

Dscf1674
見たことはありませんが、これを使っているお店もあるのかもしれません。

*幅:7.5cm/縦:2.8cm/¥1,050

今日のことわざ

*将を射んとせば、先ず馬を射よ(Sho o into seba,mazu uma o iyo)―杜甫
:He that would the daughter win,must with the mother first begin.
:Celui qui veut gagner la fille,doit d'abord gagner la mère.

いずれも「娘を得んとせば、先ず母親より始めよ

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広告宣伝の品:2011.01.15

cancer うちわ・マッチ・紙袋:2000.01.26

出張で初めて行った高松にもあったあのお店で発見。食事の目的ではなく
入ってみるというのもちょっと勇気が要りましたが、思ったとおり入り口で
カニ・グッズを販売していて、幾つか買ったのをいいことに宣伝用品まで
頂いてしまいました。

Dscf1672
うちわと紙袋には書いてありませんが、マッチの裏には「高松店」と書いて
あり、ここに書かれた電話番号を見て予約ができます。
ちなみにマッチの先は赤ではなく、普通の白です。うちわはいまどき珍しく
竹の軸でできています。

これらのように買えない物はとても貴重です!!
うちわの裏にはこの時点で「グループ全国に60店舗」とあります。
各店がこのような備品を作っているとも限りませんが、いつの日か全国の
お店を食べ歩きしてみたいものです・・・。

*うちわー縦:38.5cm/幅:24.0cm、マッチー縦:5.6cm/横:4.8cm
 紙袋ー縦:23.7cm(持ち手含まず)/横:22.0cm/幅:12.0cm

今日のことわざ

*我田引水(Gaden insui)
:Every miller draws water to his own mill.
:Chacun fait venir l'eau à son moulin.

いずれも「どの粉屋も自分の水車に水をひく
日本語の「我が田に水を引く」に表現が似ているが、意味は違う。
西洋の方は「自分のことは自分で骨折る」の意。

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペンダント・トップ:2011.01.14

cancer ペンダント・トップ:2000.02.04

浅草橋の一般客も購入できる、アクセサリー・パーツの問屋さんで発見。
「星座シリーズ」の1つでした。

Dscf1677
これも約2年前('98.12)に東急ハンズで同じ物を買った時は3倍以上の価格
でした!毎回違う時期に同じ物を買った場合、後の方が安く買っていることを
自画自賛しています。そして、言い訳にもしています。

*縦:2.3cm/幅:1.3cm/¥73

今日のことわざ

*失敗は成功のもと(Shippai wa seiko no moto)
:We learn by our mistakes.
:En faillant on apprend.

いずれも「人間は過ちによって学ぶ

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キーホルダー:2011.01.13

cancer キーホルダー:2000.02.06

昨日紹介の指輪と一緒にこのキーホルダーも上野の「国立科学博物館」で
発見。すでに11.6('02.3.16に1個150円で2個購入)に同じ物を紹介済み
ですが、その2年前に初めて買った今回の物は倍以上の価格でした..!!

Dscf1666
違うのはパッケージの上に青い部分があって、什器にかける穴があることと
鍵を通す輪の直径が5mm大きいことです。それだけ...。

Dscf1667
売れ行きが芳しくないのでマイナーチェンジをして値下げをしたのでしょうか?
違う価格で同じ物を持っている人もあまりいないでしょうから、2年後の
値下げは誰も気にしていない、どうでも良いことには違いありません。sad

*¥350

今日のことわざ

*馬の耳に念仏(Uma no mimi ni nenbutsu)
:to preach in the wilderness
:prêcher dans le désert

英「荒野で説教する
仏「砂漠で説教する

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

指輪:2011.01.12

cancer 指輪:2000.02.06

以前にもカニ・グッズを見つけた上野の「国立科学博物館」にて発見。
友人のお母さんが「富士箱根伊豆国立公園 あわしまマリンパーク」で
見つけて下さった指輪(12.5紹介)と合わせて2つになりました。

今日のものは甲羅の部分がブルーの貝で出来ているようで、(レシートに
“カイユビワ”と書かれています)ちょっとオパールshineのようにも見えます。

Dscf1665
値段を知らなければ銀製で、オパールringshine・・・と思うかもしれません。

*カニ部分-幅:1.5cm/縦:1.2cm/ケース入り/¥300

今日のことわざ

*知らぬが仏(Shiranu ga Hotoke)
:He that knows nothing doubts nothing.
:Qui ne sait rien,de rien ne doute.

いずれも「知らない者は疑わない

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

磁石:2011.01.11

cancer 木製磁石:2000.02.22

初来日の画家と最初の会場、金沢の仕事が終わり小松空港から羽田へ移動
する日に小松空港で発見。
この仕事の最初の移動は長くて大変でした。まず成田で出迎え、羽田へ移動し
飛行機で小松空港へ行き、そこから金沢市内までバス移動。おなかはすくし、
雪は降っていて寒いし、本人は時差もありホテルに着いた時はくたくたでした。

ずいぶん前にフランスの友人が、日本は成田空港から都内までが遠すぎると
嘆いていたのを思い出します。今のように羽田にも到着すれば便利ですね。

Dscf1663
カニもお手上げ、バンザイ状態です。緑色台紙の外側にに「HAND MADE
ウッディクラフト」、店名などが書かれていて、手作り感満載の磁石です。

*幅:5.0cm/縦:4.5cm/厚さ:0.8cm/¥210

今日のことわざ

*猿も木から落ちる(Saru mo ki kara ochiru)―江戸いろは
:It is a good horse that never stumbles.
:Il n'est si bon cheval qui ne bronche.

英「決して躓かない馬は良い馬だ
仏「躓かないほどの良馬はいない

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

置き物:2011.01.10 成人の日

cancer ガラスの置き物:2000.03.05

初来日のフランス人画家と最終会場の久留米に行った時に頂きました。
彼女は古い物にとても興味のある方で、各地で古本屋さんや古物店を探して
訪問しました。そんなお店を回っている時に、カニの話をしたのかもしれません。

Dscf1661
このカニの色違いを持っていますが、どれも日本で見つけたものですから
どこか日本のお店でこのカニを見つけてくれたのでしょう。
彼女は古い日本美術の本を何冊も、そしてアンティックのお雛様などを
大喜びして買いました。

そして帰国の時になり、空港で荷物を量ってさあ大変!!数十キロのオーバーで
慌ててダンボールに詰め替え、別便で送ったのも今となっては想い出です。

来日前に何が趣味か、興味があるかをいつも聞くようにしていましたが、
本当に人それぞれで私にとっては何度目かの土地も、毎回訪ねる場所が
同じとは限りませんでした。

*幅:2.5cm/縦:2.5cm

今日のことわざ

*井戸の中の独言も三年たてば知れる(Ido no naka no hitorigoto mo
                         san-nen tateba shireru)

:(1)Time and chance reveal all secrets.
:(2)Time will tell.
:Le temps découvre la vérité.

英(1)「時間と偶然がすべての秘密をあばく
英(2)「時が告げるだろう
仏  「時が真実を暴く

[ことわざの和泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香皿:2011.01.09

cancer 香皿:2000.03.08

福岡の出張が終わり、関空へ出発するため福岡空港へ行った時の待ち
時間に第2ターミナルのらでんのお店で発見。

Dscf1664
確か箱に「香皿」と書いてあったと思います。甲羅の下側に小さなくぼみがあり
そこにお香を傾けて置くのかもしれません。
お店の人の話では「黒檀製」とのことでした。ちょっと高いと思いましたが、
大きくてきれいな黒だったので決めました。でも、、、帰宅してみるとこの何年か
前にインドネシアのプロウスリーブという島へ行った時に見つけた木彫りに
そっくりでした。このカニはいったいどこから来たのでしょう?!

*幅:15.5cm/高さ:7.5cm/¥1,575(レシートあり)

今日のことわざ

*出たとこ勝負(Deta-toko shobu)
:an impromptu action
:une action impromptue

いずれも「準備なしで即席にすること。アドリブ

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箸置き:2011.01.08

cancer 箸置き:2000.03.11

東京から京都へは「そうだ、京都行こう!」と言えるほど気楽には行けませんが
ちょうど出張で福岡へ行った後だったので、知り合いのファッション・ショーを
見るために途中下車をしました。その機会に京都を散策し、清水寺へ行く前に
その近くの陶器店で発見。

Dscf1662
今回撮影の為に出して初めて気がついたのですが、冬の間毎日使っている
中野で買ったマグカップと同じ柄でした!どちらを先に見つけたかは覚えて
いません。
これでは奥さんが美容院にいっても気がつかない旦那さんのようです・・・。
毎日何度となく見ているのに思いもしませんでした。京都で見つけたので、
何か特別なもののように思っていたのかもしれません。

*直径:4.3cm/¥420(レシートあり)

今日のことわざ

*遠くの親戚より近くの他人(Toku no shinseki yori chikaku no tanin)
西洋にも似た表現がある。
:A near neighbour is better than a far kinsman.
:Mieux vaut son bon voisin que longue parenté.

いずれも「近くの(良き)隣人は遠くの親戚よりよい

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯ブラシ:2011.01.07

cancer 歯ブラシ:2000.03.22

すでに11.18(’01.7.22購入)に紹介したものと同じ歯ブラシです。
前回は白地の子供用もありましたが、今回は黒地の大人用「海物語」
(うみものがたり)2本。実家に帰宅中に、近くのスーパーで発見。

Dscf1657
各家庭にも何本か予備の歯ブラシはあると思いますが、飾り棚にあって使う
予定がないということはほとんどないでしょう。黒の柄というのもあまり見ない
かもしれません。
買ったスーパーのシールもついたままですが、このお店はずいぶん前になく
なりました。

*長さ:15.5cm/¥175×2本

今日のことわざ

*人は霞を食っては、生きてゆけぬ(Hito wa kasumi o kuttewa,ikite yukenu)
:Man cannot live on air.
:On ne peut pas vivre de l'air du temps.

いずれも「人間は空気を食って生きてゆけない

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍋敷:2011.01.06

cancer 鍋敷:2000.03.22

なぜ昨日紹介のガラス小皿を2枚づつ買わなかったのかが、なんとなくわかり
ました。あの小皿と一緒にこの鍋敷と同じものをプレゼント用に買っていました。

Dscf1655
まるでムンクの絵画「叫ぶ人」のようなこの鍋敷きを東京から帰った実家近くの
100円ショップで発見。他に蝶・エビ・花の赤・青・黒のものがありました。
カニが赤ではなかったのが残念ですが、この2日後に中野の100円ショップで
同じものを見つけたので、小皿と共に買いプレゼントしたのでした。

Dscf1656
当然、鍋を乗せるとカニが見えないので普段はフックに掛けてあります。

*直径:12.5cm/¥105

今日のことわざ

*論より証拠(Ron yori shoko)―江戸いろは
:It speaks for itself.
:Les faits parlent d'eux-mêmes.

英「それ自身が語る
仏「事実が自らを語る

[ことわざの泉(辞書)より]      ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小皿:2011.01.05

cancer 小皿:2000.03.24

昨日の「星座シール」と同日に同じ中野の100円ショップで発見。
柄ではなく、形が「カニ」のものは珍しいにもかかわらず、水色とピンクを
1枚づつのみ購入し、水色を友人にプレゼントしました。

Dscf1654
なぜ各色2枚買って、2枚プレゼントしなかったのか??
100円ショップの商品はいつまでも同じものがあるとは限りませんから、
見つけた時が買い時なのですが・・・。

*幅:14.5cm/縦:11.5cm/深さ:3.0cm/台湾製/¥105

今日のことわざ

*過ちては改むるに憚ること勿れ(Ayamachitewa aratamuruni habakaru
                      koto nakare)―論語
:It is never too late to mend.
:Il n'est jamais trop tard pour se corriger.

いずれも「改めるのにおそ過ぎるということはない

[ことわざの和泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファンシーシ~ル:2011.01.04

cancer 12星座シール:2000.03.24

中野の100円ショップで発見。シール好きの上にカニの図案だったので
思わず買ってしまいましたが、食器やノートなども同店で同価格で売られて
いると考えるとシールは割高です。

Dscf1651
ラッキーカラー、数字、アイテムなどもシールに書かれていますが占いの内容
もすぐ忘れてしまいますし、あまり信じるほうではありません。
ですが、占いで毎日着る物の色を決めている人もいると聞きますし、このところ
パワースポットも話題です。

フランス滞在中初めてのクリスマスを一人で過ごさなくてもよいように、地域の
家庭に招待して頂いたことがありました。もう30年近く前のことです。
フランスのクリスマスは日本のお正月のように家族で過ごすことが多く、深夜
ミサに行ってから夕食というのにも驚きましたが、その家庭の男の子(中学生
ぐらいだったのでしょうか)に「神をどう思うか」という難しい質問をされました。
たぶん反抗期の彼にとってはその時期考えざるを得ない問題だったのでしょう。

宗教観のまったく違う、かなり年上の日本人の私に聞かれてもその頃の語学
力では「信じるものがある人は幸せだと思う」としか答えられませんでした。
今も同じような語学力ですが、やはりそれ以上の答えは見つかりません。
先が見えないとき、助けが欲しい時に人は何かを信じたくなるのでしょうか。
いずれにしても信じることが幸せに繋がることを望まずにはいられません。

新年早々、「ファンシー」とつくシールから話がかなり飛んでしまいました。

*シール:20枚/¥105

今日のことわざ

*予言者郷里に容れられず(Yogensha kyori ni irerarezu)―西洋の諺
:No man is a prophet in his own country.
:Nul n'est prophète dans son pays.

いずれも「誰も自分の郷土では予言者ではない

原典は新約聖書ルカ伝。
:No prophet is accepted in his own country.-Luke 4/24
:Aucun prophète n'est bien reçu dans sa patrie.-Luc 4/24

いずれも「どんな預言者も自分の祖国では容れられない
                 ―新約聖書ルカ伝第4章24節

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポスト・カード:2011.01.03

cancer ポスト・カード:2000.04.04

たった数枚のカードなのですが・・・。

実家に帰った際、新聞の「催し物」欄で「カニの自然誌」展が千葉県立中央
博物館にて2000年2月26日-4月9日に開催
されると偶然知りました。
長期間開催しているのでそのうちに行きたいとは思いましたが、遠く、行った
こともない場所だったので終了間際の4月4日に思い切って出掛けました。
東京の住まいから2時間以上かかったと思います。

Dscf1649
平日だったせいか誰も会場にいなかったので、受付の方に撮影可能かを
確認して撮り始めたものの24枚撮りはあっという間に終わってしまい、
予備のフイルムを持っていかなかったことを悔やみました。
今のようにデジカメがあれば全展示物を撮影できたのに残念です。

研究者の方が撮影した海中写真はどれも美しいもので、標本も種類別に
展示されていました。そしてこういう展示では珍しく、エビ・カニグッズも沢山
展示されていて、自分が持っているもの、いないものを見ることができました。
またこの展示で知ったのがカニの切手の存在です。南の島ばかりではなく、
ロシアやイタリアのものも展示されていました。

その後大手町の「逓信総合博物館」に収められている各国の切手を見に行き、
発行国をメモしたこともありました。

Dscf1650
上写真の左上はポスター、右上のカニの絵3枚が今日紹介のカードです。
博物館の売店で販売していたのはカードのみでした。2種類を5枚購入し、
各1枚を友人にプレゼントしました。
下5枚の写真は展示グッズ、切手、カードを撮ったものです。

このカードは1996年末から1997年初めに開催された「現代の動物・植物
画」企画展の時のもので、2枚あるのは「スベスベマンジュウガニ」、1枚は
「アサヒガニ」を描いたものです。

*1枚50×5枚

今日のことわざ

*始め半分(Hajime hanbun)
:Well begun is half done.
:Amoitié fait qui commence bien.

いずれも「始めがうまく行けば半分できたも同然

[ことわざの和泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

切手:2011.01.02

cancer 切手:2000.04.16

大手町の「逓信総合博物館」で発見したのかもしれませんが、覚えていません。

Dscf1646
「琉球郵便」と書いてあるものが2シート(各20枚)、ロシア、タイの各1シートは
全て違う柄、封筒に張ってあるのはクリスマス・アイランドとモルディヴの初日
カバー、ハサミに手紙を持ったカニのイラストの40円切手は日本の「ふみの日」
の使用済み切手16枚。誰かが640円分を同じ切手で日本橋から発送したの
が押された消印でわかります。

Dscf1647
価格は円とドルで書いてあるので、いったいいくら使ったのかわかりません。
今ならもう少し理性的に、と言うよりも危険地域には近寄らないのですが・・・。

今日のことわざ

*君子危うきに近寄らず(Kunshi ayauki ni chikayorazu)
:Discretion is the better part of valour.
     「慎重さというのは勇気の大部分である

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

磁石:2011.01.01

cancer 磁石:2000.04.22

2011年も明けました。おめでとうございますfuji

年は変わっても相変わらずの内容で新鮮さに欠けますので、少しお正月らしい
写真にしてみたのですが・・・。

Dscf1643
植木鉢2つを室内に入れておいたら茎ばかりがぐんぐんと伸びてしまい、まるで
数字の「1」のようです。そこで1月1日お正月の雰囲気にしてみました。

この光沢があり、とてもきれいな何製かどこ製かわからないカニは問屋さんの
多い浅草橋の高架線下の臨時店舗で発見しました。
軽いのですが、磁石のわりに大きいカニです。

Dscf1644
*幅:11.0cm /縦:7.5cm/\315

今日のことわざ

*足るを知る者は富む(Taru o siru mono wa tomu)―老子

:(1)Contentment is above wealth.
  :(2)He is rich that has few wants.
:(1)Contentement passe richesse.
   (2)Le plus riche est celui qui désire le moins.

英・仏(1)「満足は富にまさる
英(2)     「欲求の少ない者が金持ちだ
仏(2)     「一番お金持ちというのは、一番欲しがらない人のことだ

[ことわざの和泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »