« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

ブローチ:2011.06.30

cancer 木のブローチ

ブローチといっても木製のせいか、和風です。これと同じような箸置きを持って
いるので、そう見えるのかもしれません。

Dscf2051
側面から見ると中央が少しくぼんでいるので、本当に箸置きとして作った物に
ピンを付けたのかもしれません。

Dscf2052
日常の生活で箸置きを使う家庭が少ないということでしょうか。

Dscf2071
中央が今回のブローチで、他はご紹介済みの木製箸置きです。

*幅:4.8cm/縦:3.0cm/厚さ:0.6cm

今日の故事・ことわざ

*一挙両得(Ittkyo ryotoku)
意味:一つの事を行って、二つの利益を得ることをいう。二頭の虎を戦わせ、
両方が傷つき倒れるころをみはからって刺し殺せば、一頭ずつ退治する
よりたやすく、しかも一度に二頭も得られるという故事からでたことば。
<類書纂要>(るいしょさんよう)

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カニウインナー:2011.06.29

cancer カニウインナー

昨日ご紹介したお弁当といえば、次はウインナー!タコウインナーは包丁で
切り目を入れて作りますが、これはカニウインナー製作機です。

Dscf2068
パッケージには「カポッ!とはめるだけでウインナーがカニになる!」と書かれ
ています。ずいぶん前にこれを買った時、すぐ試しましたが思ったような形には
できなかったので、それ以後使ったことがありません。

Dscf2081
最近は「デコ弁」作り用の道具が沢山販売されていますし、ウインナーで作る
アイデア本も出版されています。以前はタコウインナーが入っているだけでも
うれしかったでしょうが、 お弁当も変化しています。私はお弁当生活をしたこと
がありませんし、作ることもありませんでしたが早起きしておかずを考え作る
のはさぞや大変だと思います。

*幅:8.2cm/縦:3.0cm/高さ:2.4cm/ポリプロピレン樹脂(耐熱温度
 90度)/ 日本製

今日の故事・ことわざ

*食指を動かす(shoku shi wo ugokasu)
意味:食指(人さし指)がひとりでに動くということから、食指が起こるという意味
を表し、物事をほしがる心のわいてくるさまをいう。鄭(てい)の公子宋(こうしそう)が、
自分の人さし指が動くのをみて、同伴の子家(しか)に見せながら、これはごちそ
うにありつくきざしだと言った故事。<左伝>(さでん)

用法:前々からほしいと思っていたものが、目前に現れたりしたときなどの
心の動きをさして用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅弁の器:2011.06.28

cancer 駅弁の器

駅弁といっても販売駅で買ったのか、スーパーの「駅弁フェアー」で買ったのか
思い出せません。

Dscf2065
プラスティック製というのは風情に欠けますが、丸くきれいにまとまった形です。
その後も何度となくスーパーの「駅弁フェアー」でこれと同じ物を見ました。
駅でなら買っても、スーパーでは高く感じて同じものをもう1つ買うことはありま
せんでした。中身より器が欲しいのでなおさらそう感じます。包装紙も取って
おけばよかったのですが、有名なお弁当なのにどこの物か忘れました。

「峠の釜飯」のように陶器製の器なら家へ持ち帰る人もいるでしょうが、
プラスティックでは捨ててしまう人が多いのでしょうか?何と残念なこと!!
それにしても宣伝の為、側面にでも(蓋部分には文字を入れてほしくないので)
地名を入れてあれば、お弁当箱として使うたびに思い出すでしょうに・・・。

Dscf2066
お弁当箱としてはかなり小さめで、カロリー制限もできそうです。

Dscf2067
手元にあった駅弁、お弁当の器です。桃は「岡山名物・桃太郎の祭りずし」、
お釜はあの有名な「横川駅・釜飯」、鯛は「西明石駅・めでっ鯛飯」、 右端は
京樽の「キティ弁当」です。

※カニの駅弁は福井駅などで販売している「越前かにめし」1,100円でした。

*幅:14.5cm/縦:11.8cm/高さ:6.0cm

今日の故事・ことわざ

*本末転倒(Hon-matsu tento)
意味:初めと終わり、主要な部分と末端の部分とをとりちがえる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブローチ:2011.06.27

cancer ブローチ

昨日同様、貝でできていると思っていたのですが、並べてよく見ると光沢が
全くないのでプラスティックのようです。

Dscf2064
鳥取砂丘で拾った貝と写真を撮った時も、まだ貝だと思っていました。
この頃はダイヤ風やパール風もよくできていて、私には本物と見分けがつきま
せんが貝ではこんなに違いがはっきりわかるとは!

*幅:2.5cm/縦:1.8cm

今日の故事・ことわざ

*四海波静か(Shikai nami shizuka)
意味:波もなく海が穏やかなこと。また、国がよく治まって世の中が平和なこと
を言う。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペンダント・ヘッド:2011.06.26

cancer 貝のペンダント・ヘッド

カニの形が貝で作られているなんて、ぴったりの組み合わせです。
貝殻は磨かれて、きらきらと光っています。

Dscf2063
これが入っていたらしい紙箱があって、「手彫り 天然貝」のシールが張って
あります。よく箱に日付などを書いておくのですが、これには書いてありませ
んでした。一時は本にも購入年月日を書き入れていました。届いた手紙にも
必ず日付を入れますし、手にしたパンフレットにも入れます。

Dscf2062

上の回転スタンプは1981年にパリで見つけた年・月・日・曜日、下もパリで
’90年代に買った物です。両方とも年度が古くなってしまいましたが、これで
本などによく日付を入れていました。

以前叔母から聞いたのですが、私が3歳の時に亡くなった祖父も何かの
使い始めを必ずそのものに書いていたそうなので、日付を書くのは隔世遺伝
かもしれません。

*幅:2.5cm/縦:1.8cm

今日の故事・ことわざ

*貝殻で海をはかる(Kaigara de umi wo hakaru)
意味:小さな貝殻を使い、海水を汲み出しては、その量をはかり、大海の
広さを予測することのたとえ。<漢書>

用法:見聞が狭く、学問・知識の浅い者が、自己の力量も知らずに、大きな
問題について論ずることの愚かさを笑い、身のほどを知らぬ小知をたしなめ
るときに用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍋敷:2011.06.25

cancer 鍋敷

すでに幾つかの鍋敷をご紹介しましたが、これはかなりシンプルです。

Dscf2057
Vサインをしているようでもあり、熱いやかんを乗せられそうになって驚いて
いるようにも見えます。
真ん中の空間部分が大きいので、底の小さな物は他の鍋敷へ。

*幅:21.0cm/縦:16.2cm

今日の故事・ことわざ

*縁の下の力持ち(En no shita no chikara-mochi)
意味:人に知られない目立たない所で、他人のためにせっせと骨身を惜しまず
苦労する人をいう。また、力量や実績がありながら、世間に認められない人の
こともいう。

用法:名誉を期待せず、人のために陰で努力する人に対していうときに用いる。
英:One catches the hare and another eat it.
    「一人が兎を捕まえ、他の者がそれを食う」

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘアーピン:2011.06.24

cancer ヘアーピン

売り場で髪飾りを見ると可愛い物がたくさん並んでいますが、これはリアルな
形をしています。

Dscf2060
私は丸みのある可愛いデザインよりもこちらの方が気に入っていますが、髪に
カニは目立つかもしれません。
今となってはどこで見つけたのかわからないのがとても残念です。

*ピン全体の長さ:8.0cm

今日の故事・ことわざ

*頭の蝿を追え(Atama no hae wo oe)
意味:人のことをあれこれ言うよりも、まず自分のやるべきことをきちんと
やってから他人のことに口を出すべきだ。

用法:自分の身のまわりのこともろくにできない人に対して「人の世話を
やくよりも頭の蝿を追え」と、余計な干渉をとめたり、黙らせたりするときに
使うことば。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うちわ・カード:2011.06.23

cancer うちわ・カード

梅雨明け前だというのにここ数日暑い日が続いています。昨日の東京都心の
気温は午前9時43分に30度を記録し、今年初めて真夏日になったそうです。
暑がりの私は梅雨明け後の本格的な暑さが今から思いやられますが、今年も
クーラーなしで乗り越えるつもりです。

Dscf2058
この暑さに小さなうちわでは太刀打ちできそうにもありませんが、郵便で届いた
その時だけは涼しい風を感じることができるかもしれません。
封に入れずにうちわのみで定形外として郵送することもできるため、裏は白の
無地で宛名を書くことができます。

Dscf2059
梅雨前線の影響で大雨の地域もありますし、気温の変化もありますので
くれぐれも体調にお気をつけてお過ごし下さい。

*うちわの縦:19.3cm/横:11.7cm/300円

今日の故事・ことわざ

*左団扇で暮らす(Hidari uchiwa de kurasu)
意味:左手に団扇を持ってのんびりしているということで、仕事をしなくても
生活に心配なく、のんきな、楽な境遇にあることのたとえ。

用法:収入を妻にまかせている夫、また仕事の景気がたいへんよくて、あく
せく働かなくても金がどんどん入ってくるような人のようすにたとえて用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブローチ:2011.06.22

cancer 陶器のブローチ

岡山出張の際に発見したのだと思いますが、定かではありません。
お土産売り場に焼き物が沢山あり、そこで見つけたような気がします。

Dscf2049
土で出来たものは温かみがありますが、ブローチでは落とした時に割れてしま
います。持っている箸置きに同じような物がありますし、これも裏を見なければ
箸置きにしか見えません。

Dscf2050
金具が接着剤で留められているだけの作りでは、地に足を付けていたほうが
良さそうです。びっくり顔のこのカニもまさかそんな使われ方をするとは思わな
かったでしょう。

*幅:6.0cm/縦:4.2cm

今日の故事・ことわざ

*一石二鳥(Isseki nicho)
意味:一つの石を投げて、同時に二羽の鳥を捕らえることから、一回の行動で
多くの利益を得ることの意。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お皿:2011.06.21

cancer お皿

昨日の食器で思い出した魚用のお皿です。お店の人にあると便利と薦めら
れて同時に合羽橋で購入しました。

Dscf2045
めずらしい横長、細長い魚にはちょうど良さそうです。前菜を幾つか並べても
きれいだと思いますが、そんなに手の込んだことをする機会もありません。

Dscf2046
形はずいぶん違いますが、昨日と同柄の食器です。

*縦・横:10.0×26.0cm

今日の故事・ことわざ

*四角な座敷を丸く掃く(Shikaku na zashiki wo maruku haku)
意味:座敷はもともと四角なもの。その座敷のすみずみを残して円形に掃除を
してごまかしてしまうことを言う。

用法:物事の細かい部分まで気を配らず、適当にその場を処理してしまう
いいかげんな仕事ぶりの人を非難して用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食器:2011.06.20

cancer 食器

たぶんもっと具体的な名称があるのでしょうが、小皿でもなくお皿でもないので
“食器”としました。語彙の少なさを反省。

Dscf2041
カニ柄では数少ない、茶色で引っかき柄。これは1枚だけなのですが、この
シリーズの他の形も同時に買った事を思い出しました。
確か合羽橋で発見したと思います。

Dscf2042

*直径:13.0cm/深さ:4.2cm

今日の故事・ことわざ

*皿嘗めた猫が科を負う(Sara nameta neko ga toga wo ou)
意味:魚を盗み食いした猫は逃げてしまい、あとから来て空の皿をなめた
猫がつかまってひどいめに会うこと。

用法:悪事を犯した張本人がうまく逃げのびて、ちょっと関係した小もの
ばかりが捕らえられて罪を背負い込むような道理に合わないさまを言う
ときに用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボールペン:2011.06.19

cancer ボールペン

買ったのか、貰ったのかわかりませんがずいぶん前のことなのでもう書くことも
できません。ですから赤いキャップが赤で、緑は緑色のインクなのかを知る
すべもありません。

Dscf2039
こういう実用的ではないボールペンのインク交換はできないのだろうと思いま
したが、カニ部分も先の部分も全て分解が可能でした。何かに挿して飾りに
するしかないかと思いましたが、今度替え芯を探してみます。

Dscf2040
上部が重たく使いやすいとは言えませんが、ヴァカンス気分は少し味わえる
かもしれません。yacht

*長さ:21.0cm/カニ2本、椰子の木1本

今日の故事・ことわざ

*書いた物が物を言う(Kaita mono ga mono wo iu)
意味:何事によらず口約束は、両者の言い分がはっきりせず水かけ論に終る
ことが多い。約束ごとは、必ず書類を証拠として残してあれば、弁解やごまかし
はできない。

用法:書類がすべて証拠としての値うちがあるというときに用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お弁当箱:2011.06.18

cancer お弁当箱

実はおすし屋さんのチェーン店で購入した食事セットの器です。
新聞か何かで宣伝を見て、すぐ近くのお店へ行き買ってきました。このような
商品は季節物なので、その時に買わないと直ぐなくなってしまいます。

Dscf2037
価格も中身も覚えていませんが、よくもここまでと言うほど凝ったつくりです。
紙箱は左右が取り出し口で、側面のはさみのイラスト部分が開くようになって
います。家で箱から出してみると残念ながら片眼がありませんでした・・。

Dscf2038
紙箱の後ろ側には「猿蟹合戦」のイラストが4コマ描かれています。
お弁当箱を開けるには、先ず脚に挿されたハサミである左右のスプーンを
抜き取り、本体を上下に分けます。下の部分にお寿司か何かが入っていた
のでしょうが、写真を撮ることもなく食べてしまったのは残念です。
上の部分には写真手前にある「猿蟹合戦」のロールスタンプとインクパッドが
入っていました。箱の底には「お早めにお食べ下さい」と書かれているだけで
内容については何も書かれていません。
これだけ複雑な容器の企画が通っことにも感心しますが、コストも掛かった
でしょうから販売価格が幾らだったのか非常に興味のあるところです。

*箱の横:18.2cm/縦:12.6cm/幅:9.0cm

今日の故事・ことわざ

*八面六臂(Hachi men rottpi)
意味:八つの頭と六つのひじ。どの方向、どの地位に当たっても、物事を
巧みに処理する腕前や力量があることのたとえ。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]      ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビール・グラス:2011.06.17

cancer  ビール・グラス

昨日“カニ・ビール”をご紹介しましたので、今日はグラスにしてみました。
ずいぶん前に叔母とお墓参りに行った帰り、通りかかった食器店で発見。

Dscf2048
柄違いで5個セットのビール・グラスとして売られていたので、叔母が買って
私がカニのグラスだけ貰いました。

Dscf2047
透明では柄が見えにくいのでビールを注ぎたかったのですが、ないので紙と
スポンジを入れてみました。それでも見えにくいのですが、本物のビールを
飲む人は柄のことは気にしないでしょうね。

*高さ:10.5cm/上部直径:6.0cm/底直径:4.5cm

今日の故事・ことわざ

*酒は百薬の長(Sake wa hyakuyaku no cho)
意味:酒は少量を適度に飲めば健康によく、多くの薬の中で最も効果がある
ということ。<漢書>
用法:酒を勧めるときや、酒を礼賛するときに用いることばで、「酒に十の
徳あり」の中の一つである。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]      ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビール:2011.06.16

cancer ビール:2000.12

出張中に友人が送ってくれためずらしい地ビールです。添えられたカードには
「カニで有名な城崎(きのさき)温泉旅行中に見つけたので“カニコレクション”の
仲間入りをさせて下さい。」と書いてありました。

Dscf2029
出張から帰宅した時には父が飲んでしまった後で、紙箱に4本入っていたはず
が、3本しかありません。私にはアルコールの味はよくわかりませんが、めずら
しい「カニビール」は味わってみたいものでした。beer

Dscf2036

今日、別の方から京都の和菓子が届きました。とてもきれいなので食べる前に
この「和三盆糖」の写真を撮りました。

Dscf2032
甘党、辛党と言いますが両方好きな方もいることでしょう。私は味の前に
デザインに興味があります。そして美しい物はおいしいことが多いと思います。

*但馬(たじま)ビール・/330ml

今日の故事・ことわざ

*酒に十の徳あり(Sake ni jyu no toku ari)
意味:酒には十種の長所がある。即ち、百薬の長、寿命を延ばす、旅行に
食あり、寒気に衣あり、推参に便あり、憂いを払う、位無くして貴人に交わる、
労を助く、万人和合す、独居の友となるの十徳のことを言う。

用法:人に酒をすすめる口実や、自分が飲むときの理由づけとしてもっとも
らしく言うときに用いる。
英:In wine there is truth.(ぶどう酒の中に真実がある)

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お菓子の型:2011.06.15

cancer お菓子の型

6.13にアルミ製のお菓子の型をご紹介したばかりですが、今日はピンクの
プラスティック製です。

Dscf2028
この素材ですとやはりゼリー、プリン用で、右上の長方形を開いてみたら器に
盛る時の“プッチン”用の小さな穴が開いていました。
ですが1個しかないこともあり、プルンと落ちる感覚をまだ試していません。
最近のカラフルなシリコン製のお菓子型は、レンジで加熱できるそうですが、
アルミ製を見慣れている者にとっては熱で溶けないのか少々不安です。
お料理用のシリコンパックも話題になりましたから、すでに使っている方
も沢山いらっしゃると思います。
レンジで魚が焼ける時代ですから、まだまだ新たな発見がありそうです。

*幅:9.7cm/縦:8.8cm/深さ:3.0cm

今日の故事・ことわざ

*形を忘る(Katachi wo wasuru)
意味:お互いに身分や官位を忘れ、親しくつきあいができる仲の良い関係で
あることの意である。極めて親しい仲をさして用いる。<李白 詩>

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コースター:2011.06.14

cancer コースター

カニ・グッズには星座関連の物が多くあり、これもそのシリーズです。

Dscf2027
コルクのコースターで、手元にはこの3枚しかありません。きれいな図案なので
他の9星座もあればきっと揃えていたでしょう。
どこでいつ出会ったのかはまったくわかりません。

*直径:9.3cm/厚さ:0.5cm

今日の故事・ことわざ

*無用の用(Muyou no you)
意味:一見役に立たないと思われているものでも、有効な働きをするもの
である。直接役に立っていないようでも、間接的に何らかの形で有益なことを
している。物それぞれには使いみちがあり、この世で役に立たないものはない。
                                         <荘子>
:Everything is good for something.
  すべて何かの役に立つ

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お菓子の型:2011.06.13

cancer お菓子の型・2個

この型を見つけたときはどのように仕上がるのかとても楽しみでした。他にも
自動車などの柄があったと思います。

Dscf2026
ですから、これを使ってコーヒーゼリーを作り、カニの形が現れなかった時は
がっかりしました。単に色の濃い物は柄が見えにくいのかもしれませんが、
きっと何を作ってもそれほどはっきりとは浮き出ないのでしょう。
シンプルなお菓子の型に付加価値が付けられ、それによって私のように買う人
がいる、それだけで大成功!

*底辺直径:6.0cm/上部直径:7.8cm/深さ:3.6cm

今日の故事・ことわざ

*影の形に随うが如し(Kage no katachi ni sou ga gotoshi)
意味:影と形はどこにいても付き添って、いつも離れないことのたとえ。
                                    <法句経>

用法:寄り添う二人がいつも一緒で、どこまでもついて離れない様子をいう
ときに用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボール:2011.06.12

cancer ボール

雑貨店の前などにもきれいなボールの販売機を見かけますが、これはそこに
入っているような弾むスーパーボールではありません。

Dscf2025
プラスティックで中に水が入っている為、どれだけ動かしても必ずカニが上に
来ます。七転び八起のだるまの如く、めげずに笑い顔で常に上に登って来る
カニは明るい色とともに気分をポジティブにしてくれます。

*直径:4.0cm

今日の故事・ことわざ

*玉磨かざれば光なし(Tama migakazareba hikari nashi)
意味:玉もみがかなければ光がでないように、生まれつき優れた才能を
もっていても、学問や修養をつまなければ、立派な人間として事を成し、
名をあげることはできない。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マグネット付きはさみ:2011.06.11

cancer マグネット付きハサミ かにかに

これは何と3個目です!1つ目は’94に自分で買い('11.5.25紹介)、2個目は
この’96.8に友人から貰った物で、3個目は’98に叔母からもらいました。
('11.3.19紹介)。’96年はすでにノートに記録をつけていたのですが、なぜか
記入漏れしていました。

Dscf2023
今、台所で使っているのはケース無しで叔母からもらったものです。先日、
探し物をしていて机の引き出しに友人からもらったこのハサミを偶然見つけ
やっと3つが揃いました。

Dscf2024
今日並べてみると、同じ物なのにパッケージも販売会社も名前も違うことに
気が付きました。価格と日本製なのが共通です。

今日の故事・ことわざ

*益者三友(Eki sha san yu)
意味:人には、つきあってためになる友だちが三種類ある。いつわりのない友、
信頼のおける友、知識の豊かな友のことで、まじわって必ず益があるという
孔子のことば。<論語>

[故事・ことわざ・世界の名言集より]    ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペンダント:2011.06.10

cancer ペンダント

パソコン前のコルクボードにずっと下げてありました。アクセサリーなのに
いつの間にか壁掛けになっていました。

Dscf2020
確か右から2つ目以外は旅行中にパリの橋の上で手作りアクセサリーを
売っていた人からまとめて買って安くしてもらったと思います。
その後原宿で右から2つ目のものを買い、その場で皮紐を選んでつけて
もらって長さ調節のできる結び方に感心し、パーツだけを買った物に自分で
皮紐をつけてみました。
結び方を見ながらやってみたのでしょうが、もうやり方を思い出せません。

Dscf2021
結び方には沢山の種類があり、本も出版されていますから資源ごみを出す時
などに覚えて利用できれば便利だと思うのですがなかなか身に付きません。

このペンダントを発見したのは80年代後半だと思いますが、その頃はまだ
大学ノートに記録していなかったので数も価格もわかりません。
私のことですから手帳が見つかれば旅行中の出費一覧が書かれているかも
しれません。全ての記録は日記のような物で、それを見て思い出すことも
沢山あります。

今日の故事・ことわざ

*襟元に付く(Eri-moto ni tsuku)
意味:権力のある者や財産のある者にこびへつらうことで、自分の利になる
ことなら少々の恥はがまんして、ふところの豊かな者にくっつくことをいう。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリップ:2011.06.09

cancer キャラクター クリップ

中野に通っていた時に、近くにあった『カタログハウス』で貰ったクリップです。
台紙に「このクリップは、お洗濯用にメモ用バサミにと貴方のアイデア次第で
色々の用途に使用できるユニークなキャラクター多目的クリップです。貴方の
マスコットとして自由な感覚でご使用下さい。」と書かれています。

Dscf2019
下げる部分が小さいので洗濯用には使わず、1つはコルクボードのピンにかけ
メモなどをはさむのに使っています。3個入りだとそれぞれ違う形をしているもの
ですが“はさむ=カニ”、無料用のコストカットで1型にしたのかもしれません。
それとも友人が他の物とカニをトレードしてくれたのか・・・?私ほど“マスコット”
としてこのプレゼントを喜んだ人はいないのではないかと思います。

Dscf2018
*カニ部分の幅:5.0cm/縦:3.5cm/3個入り/国産品/無料

今日の故事・ことわざ

*三人寄れば文殊の知恵(San-nin yoreba monjyu no chie)
意味:「文殊」は知恵の仏さま。たとえ凡人であっても、何人か集まって知恵
を出しあえば、必ずよい考えがまとまるものだ、ということ。

英:Four eyes see more than two.
四つの眼は二つの眼よりもよく見る。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

角皿:2011.06.08

cancer 角皿:2003.09.12

本日からは大学ノートに記録されていない物を順不同でご紹介させて頂きます。
タイトルを変換したら『核皿』となってしまい驚きましたが、’03の手帳を見ると
9.12には親戚が家に来たとありますのでたぶん母が登録していたデパートの
会員満期記念品を持って来てくれたのだと思います。
この3日後の9.15(月・敬老の日)には『阪神18年ぶりにリーグ優勝』と記録
されています。baseball月日が経つのは早いものです。

Dscf2014
入手日がわかったのは箱の内側に日付を書いていたからで、これは本を買っ
ても、手紙が届いても写真の裏にも記入するのが習慣になっています。
たまに新聞の切抜きに日付を入れ忘れているとがっかりします。長期留守の
時は手紙が届いた日を書き込むよう家族に頼んでおきます。
そして何でも日付順に並べておきたいのです。これと先日お話した四角い物が
好きなのとは関係があるのかとふと思いました。

*縦・横・深さ:12.2×23.7×2.5cm/底にデパートのマーク入り

今日の故事・ことわざ

*雨垂れ石を穿つ(Amadare ishi o ugatsu)―<漢書>
意味:微力であっても、たゆまず休まず根気よく努力すれば、大きなことを
なしとげることができるという意味。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小皿セット:2011.06.07

cancer 小皿セット:1994.09.27

フランスの友人とお土産を買いに合羽橋へ行った前日も原宿へ買い物に行き、
『オリエンタルバザー』でこのセットを発見。

Dscf2011
6色の小鉢が仕切られた黒の木箱に入っています。小鉢の底に小さなカニの
柄がレリーフで描かれています。

Dscf2013
去年の7.12からこのブログを始めました。見ていただいている方は
『よくこんなに沢山』と半ばあきれていらっしゃることでしょう。
それと同時になぜ十数年前のものの購入日やお店、価格がわかるのかと
思われたかもしれません。今日はその種明かしをします。

Dscf2015
それはこの大学ノートの記録です。『購入日・品名・イラスト・購入場所・個数・
単価・合計・備考』の項目を作り、そのたびごとに記入しています。
記録を始めたきっかけは、友人にプレゼントした物が誰から、どこのお土産か
忘れられていたのを知り、自分も時間が経てば必ず忘れると思ったことです。
ですからこの記録は残念ながら最初からではなく、ちょうど今日のものから
始まっています。ちなみに現在23ページまで進行中です。

記録とはいえ正確さに欠けているため、記録漏れがあったり、1ますに数個
同時に記録していたり、イラストがなくてどれかわからなかったりと不備が
あります。それに「No.1:小皿セット」と記録していましたが、今日見てみると
小鉢でした。それでも自分で買った物の記録、そして何より沢山の方々から
頂いたもののことを忘れることなく確認できて良かったと思います。
パソコンを持っていない時に始めたとはいえ、手書きで書くのは面倒だろうと
思われるかもしれませんが、このやり方が自分には合っていると思います。
品目は2000年の年40個をピークに毎年減少していますから、このノート1冊
はなかなか終りそうにもありません。最近はどのようにして物を減らすかを
考えているので、それもまた良し!
明日以降はこのノートに記録されていない物を何とか探し出し、今度はブログ
に記録したいと思います。

*直径:8.2cm/高さ:4.0cm/¥1339

今日のことわざ

*終わりが大事(Owari ga daiji)
:The end crowns all.
:La fin couronne l'oeuvre.

いずれも「終わりが仕事に栄冠を飾る

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箸置き:2011.06.06

cancer 竹製箸置き:1994.09.28

昨日同様“合羽橋”で発見。今までに何回も同じ物をご紹介しましたが、この
2つが最初に買った物かもしれません。

Dscf2010
セットの物を含め15個ほどあるので、この2つかどうかは分かりませんが
’96.9に宮崎シーガイヤで買った価格の2倍でした。合羽橋という問屋街の
方が観光地よりも高かったというのも不思議です。

Dscf2009

*幅:5.0cm/縦:4.0cm/¥200×2個

今日のことわざ

*羽根が生えたように売れる(Hane ga haeta yo ni ureru)
:to sell like hot cakes
:se vendre comme des petits pains

英「ホットケーキのように売れる
仏「(ロール型の)小型パンのように売れる

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小皿:2011.06.05

cancer 鉄製小皿:1994.09.28

めったに行かない合羽橋ですが、10.10は年1回の『合羽橋祭り』で叔母と
その12日前の9.28はフランスから来日中の友人と行き、この小皿を発見。
フランス人はなぜ?と思うような日本土産を買うことが多いのですが、この時も
地下足袋と中華なべを探しに行ったと思います。
結局中華なべはあきらめましたが、フランスにはないからと布お絞りを1ダース
買っていきました。

Dscf1999
この粘土で作ったような小皿は鉄製で重く、何に使うものかはわかりません。
カニがいるので器を置くわけにもいかず、鉄なので食べ物用でもなさそうです。
大き目の箸置きか、クリップなどを置いておくのに使えるかもしれません。
「カニ見つけ!」で買うので、その後に使い道を考える物もたまにあります。

*直径:8.0cm/¥566

今日のことわざ

*疑心暗鬼を生ず(Gishin anki o shozu)―列子
:Fear magnifies objects.
:La peur grossit les objets.

いずれも「恐怖心がものを拡大させる

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペンダント:2011.06.04

cancer ガラス・ペンダント:1994.10.01

本来は今日も合羽橋で発見した“湯飲み”をご紹介するところですが、数ある
湯飲みのどれなのかがわかりません。
そこで、その少し前に新宿MYCITYで発見したペンダントをご紹介します。

Dscf1985
色も形もきれいなのですが、何せガラスで出来ているのでまったく実用的では
ありません。特にこの細い脚はすぐ折れてしまいます。
美しいだけではダメなんです。

*チェーンの長さ:31.0cm/カニの横・縦:4.0×4.5cm/¥824

今日のことわざ

*佳人薄命(Kajin hakumei)―蘇軾(東坡)
:The fairest flowers soonest fade.
:La beauté se passe en peu de temps.

英「最も美しい花が最も早く色あせる
仏「美貌は束の間に過ぎ去る

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小皿:2011.06.03

cancer 小皿:1994.10.10

昨日に続き合羽橋で発見した小皿2枚です。

Dscf1998
カニの形に凹んだところに、はみ出すほどダイナミックに彩色されています。
食器棚を見るとカニ柄の小皿を入れたケースには丸い物ばかりで、角形は
めずらしいです。
私は腕時計も四角い物が好きで、母のお古の四角形を長い間使っていまし
たが、今は電池切れ。ソーラー腕時計を探していますが、あるのは丸型
ばかりで決めかねています。watch
何でも四角好きという人をテレビで見て、他にも私以上にこだわる人がいる
のだと知りました。

*幅:9.3cm/縦:8.0cm/¥283×2枚

今日のことわざ

*恋は思案の外(Koi wa shian no hoka)
:Love and reason do not go together.
:L'amour et la raison ne logent guère ensemble.

英「恋愛と理性が一緒にゆくことはまれだ」(古諺)
仏「恋愛と理性が一緒に住むことはまれだ」(古諺)

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お箸:2011.06.02

cancer お箸:1994.10.10

『合羽橋祭り』へ叔母と出かけて、そこで幾つかカニの食器を発見しました。
本日はお箸を紹介します。

Dscf1996
カニといっても小さく描かれていて、よく見なければ何の絵かわかりません。
その印象の薄さゆえか、この箸も今回なかなか見つからずあきらめた後、
もう一度引き出しに入れた割り箸の束の中を探して見つけました。

Dscf1997
それぞれの先は滑り止めの工夫がされています。今日もあるお店でお箸が
並んでいるのを見ましたが、螺鈿(らでん)細工、彫り柄、透明プラスティック
の物などいろいろな種類の物がありました。箸の専門店があるぐらい、種類が
豊富な物です。いま使っているものも、たまには変えてみたいと思います。

*菜ばしの長さ:33.0cm/素地の種類:天然竹
箸の長さ:22.5cm/素地の種類:天然木/日本製/上記3客で¥500

今日のことわざ

*火中の栗を拾う(Kachu no kuri o hirou)―イソップ寓話
 原文は「猿が猫の手をかりて、火の中の栗を拾う」
 :to pick somebody's chestnuts out of the fire
  :tirer les marrons du feu pour quelqu'un

 [ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木製クラフト:2011.06.01

cancer 木製クラフト:1994.12.03

銀座・松屋のデザイン・インテリアの売り場で発見。自分で組み立てる物で
恐竜や昆虫の物は見たことがありましたが、カニは初めてだったので思わず
購入しました。

Dscf1994
箱に“OCEAN LIFE CRAB NO.804”と書かれているのできっと他にもたくさん
海の仲間の種類があるのでしょう。右上には“EDUCATIONAL”とあるので
教育玩具でもあるようです。

Dscf1995
裏面には英・仏・独・日本語で[作り方]が書かれています。
この箱は見開封なので中身は説明図で想像するのみですが、3枚の板に
各パーツが抜き取るだけになっていて、組み立てていく物です。
出来上がりの大きさは書いてありませんが、常に見本はよく見える物です。

*箱の横×縦×厚さ:37.6×16.0×1.0cm/6歳以上/台湾製/¥1318

今日のことわざ

*犬骨折って鷹の餌食(Inu hone otte,taka no ejiki)
:One beats the bush and another catches the birds.
:Il a battu les buissons,et un autre a pris les oiseaux.

いずれも「一人が藪をたたき、他の人が鳥を捕らえる

[ことわざの泉(辞書)より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »