« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

かにぱん(パンあり):2011.07.31

cancer かにぱん:2011.07.30

一昨日、今の『かにぱん』価格を確認すると言っていながら昨日は忘れて帰宅
してしまい、夕食後もう一度スーパーに行き、せっかくだからと買ってきました。

Dscf2151
上が’93年物で袋のみ、下が今回買ってきたものです。カニの絵も少し大きく
なっていました。価格はもう印刷されず、以前は製造年月日だったのが、賞味
期限が書かれています。それを見ると長かった賞味期間は短くなっています。

栄養成分もエネルギーが増え、炭水化物は減っていたりと月日の流れととも
に変化が見られます。

Dscf2152
そして以前はなかったイラストが袋の側面にあります。楽しみながら食べようと
『ちょうちょ』『ざりがに』『ロケット』になる食べ方です。昔は「食べ物をおもちゃ
にするんじゃない!」と怒られたものですが、子供たちの食には楽しみが必要に
なったのでしょうか?!
炭酸ガス充てん包装をいつ開封しようかと思っています。期限は8月22日・・。

*袋の縦・横:12.3cm×21.0cm/80g/¥98

今日の故事・ことわざ

*昔は昔今は今(Mukashi wa mukashi ima wa ima)
意味:昔はどうであろうと今はもうちがう。昔のことを今に当てはめようとしても、
成り立つものではない。

用法:古い考えや習慣に固執する態度を批判することばとして用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝くじ:2011.07.30

cancer 宝くじ

フランスのカフェかどこかで貰ったカードだと思いますが、昔のことで覚えて
いません。フランスの国営宝くじが発行した星座占いです。この宝くじは
1990年に廃止されたそうで、私の滞在も70年代末から80年代初めでした。
ですから30年以上前の物ということになります。

Dscf2149
蟹座の象徴である星、数字、日、金属、植物、花、色、石、特性が書かれ、
花の白百合、アイリス、グラジオラスから甲羅がグラジオラスになっています。
それがとても変っていて、目に付きます。日本でも漢字の一部を絵などで
デザインしたものを見たことがあり、それでも読める物だと感心しますがこれも
それと同様、花を使ってもすぐカニだとわかります。

Dscf2150
裏面には相性、性格が上半分に、中央の黄色の部分は『チャンス』とあり、
運の良い日は月曜日、良い数字は2とその倍数とついに宝くじの本題について
書かれ、その下に国営宝くじからくじの買い方が助言されています。
国営宝くじの宣伝として星座占いを使うというのが面白いと思います。
フランスの婦人雑誌の最後にも星座占いがありましたから、どこの国の人も
占いを信じたり、好きなのだと納得 したものでした。宝くじを買う時も皆、同じ
ような事を考えるのですね。

今年の宝くじもテレビなどで宣伝され、「当たったら・・・」と想像はしますが、
買わなければ当たりません!まだ買った事がないので、当然当たったことも
ありません。dollaryensign02

*カードの縦・横:15.0cm×10.1cm

今日の故事・ことわざ

*当たるも八卦当たらぬも八卦(Ataru mo hatsuke ataranu mo hatsuke)
意味:八卦は占いのこと。占いは当たるときもあるし、当たらないときもある。
必ず当たるものではないので、あまり気にかけることもないというたとえ。

用法:占いは、当てにならないものだというときに用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かにぱん:2011.07.29

cancer かにぱん:1993.7

今もスーパーでこのパンを見かけますから、ロング・セラー商品と言えると思い
ます。でも周りにおいしそうな菓子パンが沢山あるので、懐かしいとは思いまし
たが、価格も見ていませんでした。パンはイラストとは違い、ほぼ長方形で
線でカニを表現している形です。

Dscf2148
もちろん中身は食べてしまいましたが、この頃は2枚入りで80円でした。『品質
保存期間』は製造日(1993.7.9)より40日と書かれていて驚きました。
普通の菓子パンは2~3日ほどですから、長期保存が可能です。
’93年以降いつも売っていたのではなく、3月の地震以降に出荷数が増えたの
でしょうか?
とにかく明日、現在の価格を確認してこようと思います。

*袋の縦・横:12.5cm×20.5cm/265kcal

今日の故事・ことわざ

*姿はつくりもの(Sugata wa tsukuri-mono)
意味:容姿は化粧の仕方や着るものによって、美しくもなり、醜くもなることを
いう。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うちわカード:2011.07.28

cancer うちわカード:’92.8

知り合いから封書で届いた残暑お見舞いです。いつもは封筒に届いた日付を
書き込み状差しに入れ、年末に1年分を袋に入れて保管するのですが、カニ
図柄のため封筒と別に保管されていました。

Dscf2147
すべて紙製なので、小さくて扇ぎすぎたわけでもないのに持ち手の付け根が
ふらふらになっています。こんなに前の郵便物をまだ持っているなんて、
送ったことすら忘れているであろう送り主もびっくりでしょう。sign03

このカードを見て、8月8日の立秋前に暑中カードを送らなければと思いました。
毎年月日が経つのは早いと思っていますが、今年は特にそう感じます。

*長さ:18.0cm/幅:11.3cm

今日の故事・ことわざ

*風に柳(Kaze ni yanagi)
意味:柳は風の吹くにまかせて枝がそよぐことから、相手にさからわず、適当
にあしらって身を保つことのたとえとして用いられる。柳の枝はなよなよして
いるが意外に強く、風の吹くままにそよぐので、枝折れすることもない。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニマルバスプラグ:2011.07.27

cancer アニマルバスプラグ:’98.6.10

名前を聞いただけでは何のことかわからないと思います。私もこんな物がある
ことすら知りませんでした。

Dscf2146
これはお風呂の栓でプラスチックチェーンで繋がったピニールのカニが水面に
浮かぶようになっています。 パッケージの写真には『クジラ』『カエル』『アヒル』
もあり、「栓のサイズが合わないようでしたら現在ご使用中の物とつけかえて
下さい。」と注意書きがあります。
海などで場所確認の為に浮きを置く事はありますが、お風呂では飾りでしか
なく、屈託なく笑うカニには悪いのですがなぜ買ったのかわからない物の
ひとつです。

記録ノートには書かれていませんでしたが、パッケージに’98.6.10と記入
されていました。発見したのは原宿のキディランドで価格シール付きです。

*幅:12.0cm/縦:10.0cm/チェーンの長さ:61.0cm/台湾製/¥800

今日の故事・ことわざ

*合わぬ蓋あれば合う蓋あり(Awanu futa areba au futa ari)
意味:どれにもぴったりという蓋はなかなかないが、一方に合わなければ、
他方でよく合うというように、必ずどれかに合う蓋があるはずだということ。

用法:物も人もそれぞれに所を得ることが大切だというたとえで、男女の仲
でも「合縁奇縁」と言われるように、それぞれに合う、合わないという因縁に
よって結ばれる場合をいう。

英語:It is not every shoe that fits every foot.
       (すべての靴がすべての足に合うというのではない)

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カットボード:2011.07.26

cancer カットボード

この木製カットボードを10年(15年!?)以上前、中野“ブロードウェー”の食器
店で発見したことは今も記憶にあります。

Dscf2144
私の誕生日が近かったのか、友人が「プレゼントする」と言ったので『ただの板
にこの価格?』と思いましたが、慌てて自分で買ったので覚えているのです。
記憶方法の一つとして、その時の状況を物語として一緒に覚えると定着する
ようです。それにしても詳細は記録ノートに書いておけば良かった・・・。

また、これは長女的な性格なのかもしれませんが、小さい時に叔母に「どの
お人形がほしい?」と聞かれた時、子供なりに値段を気にしてか「これいい」
と言ったことをよく覚えています。弟は高いけれど欲しい物を指差して「これ
ほしい」と言うタイプでした。割に合わないと思ったのは、そんなわがままなこと
を言う子の方が「子供らしくて、可愛い」と評価されたことです。

そういう経験などが性格を形成していくのでしょうか?このへそ曲がりな性格は
月日を経てこうして出来上がったとすると『三つ子の魂百まで』(意味:幼児の
時に培われた性質は、老年になっても変ることはない。)ということわざが
脳裏をかすめます。

Dscf2145
ところで、このハートのひも通しが可愛らしい板はチーズやパンをこの上で
切るものだと思っていますが、鍋敷に使おうが用途は決まっていないのかも
しれません。同じ板でも昨年12.22にご紹介した頂き物の木製プレートは
地図・地名などが書かれ、いかにも『壁掛け』風です。

*幅:21.0cm/縦:16.0cm/厚さ:1.3cm/¥830(袋にシール表示)

今日の故事・ことわざ

*立て板に水(Tate-ita ni mizu)
意味:立てかけた板に水を流すように、話しのよどみのないさまを表すことば。

用法:次から次へとよどみなく早口でしゃべるようすに用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダブル・カード:2011.07.25

cancer ダブル・カード

いつ、どこで買ったのか、またはどなたかに頂いたのかわからないカードで
カニというよりはロブスターのように見えます。貝を背負っているのでヤドカリ
にも見えなくはありません。

Dscf2141
海外の星座グッズではこの細長いカニの図案を時々見ることがあります。
カードのあちこちから不気味に手が出て、蟹座にまつわる(らしい)物を持って
います。左下に星座のサインがあるので蟹座だとわかり、空には守護星の月も
出ていますがそれらの説明はどこにも書かれていません。

*縦・横:17.8×12.7cm/印刷:オランダ

今日の故事・ことわざ

*月満つれば則ち虧く(Tsuki mitsureba sunawati kaku)
意味:月は満月になると、次には少しずつ細くなっていくように、何事も全盛に
達すると、必ず次には衰えていくものである。<史記>

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガラスの食器:2011.07.24

cancer ガラスの食器

ずいぶん前に母が近くのスーパーで見つけてきてくれたものだと思います。
昨日のグラタン皿同様、柄としてカニが描かれているのではなくそれ自体が
“カニ!”なのです。大きさ、デザイン、素材とも、とても気に入っています。

Dscf2139
最近はスーパーでこのようなちょっと面白い物を見つけることがありません。
当時この食器を買った人はいるのか、今も使っているのか、まだ製造販売して
いるのか・・・?

Dscf2138
2枚あるのですが、見つけたら確実にまた買ってしまいます。物を減らそうと
思っているのに、なかなか実行できず反省しきりです。

*直径:14.0cm/2枚

今日の故事・ことわざ

*水は方円の器に随う(Mizu wa houen no utsuwa ni sitagau)
意味:「法」は資格のことで、水は器の形に応じて四角にも丸にもなる。人も、
友達や環境によって良くも悪くもなるものである。<宋史>(そうし

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グラタン皿:2011.07.23

cancer グラタン皿

はっきり覚えていませんが、ずいぶん前に近くのスーパーで発見したのだと思
います。今見るとすごくめずらしいデザインで、2枚しか買わなかったのが
ちょっと残念です。

Dscf2137
台風6号も去り、今日は暑さがぶり返すと言われそして“大暑”にもかかわ
らず、半袖・素足では肌寒い陽気なので、グラタン皿をご紹介します。

Dscf2140
特徴のハサミも脚も小さいのですが、直ぐにカニと判りますし、脚は持ち手に
なっていて機能的です。底には甲羅の柄まで描かれ、色も白ではないのが
落ち着いていて良い感じですし、グラタンの色ともとても合うと思います。

ただ残念なのはこのお皿でまだグラタンを作ったことがないことです・・・。
甲羅部分に美味しそうなグラタンのある写真をご紹介できれば良かった。
もちろん「カニグラタン」です!!

*幅:21.0cm/縦:13.0cm/深さ:3.5cm

今日の故事・ことわざ

*大風の吹いたあと(Ookaze no fuita ato)
意味:催し物の済んだあとは、大風の吹き荒れたあとのように、ものさびしい
ほど静寂さを迎えるものである。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小皿:2011.07.22

cancer 小皿

どこで発見したかも全くわからず、何の用途で売られていたのかも今となって
は不明です。小皿にしては小さく、箸置きには大きめです。

Dscf2136
自分で5枚選んだのではなくセットだったのだと思いますが、頂いたのかもし
れません。わからないことばかりですっきりしません。

*幅:8.0cm/縦:6.3cm/5枚

今日の故事・ことわざ

*帯に短し襷に長し(Obi ni mijikashi tasuki ni nagashi)
意味:あれに使うには長すぎるし、これでは不足するというように、すべて
中途半端で役に立たないことの形容。

用法:この世には、ぴったりおさまる物や思い通りの物が、なかなか見つから
ないものだというときに用いる。

英語:Too much spoileth,too little is nothing.
   (多過ぎたり、少なすぎたり)

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガラスの大皿:2011.07.21

cancer ガラスの大皿

今日は台風6号の影響で暑さも一休み、久し振りに汗をかかない1日でした。
ですがまたあの暑さがやってきたらぴったりの、涼しげなガラスのお皿です。

Dscf2130
池袋・東武で発見。大皿の使い道はあまりないだろうと思いながらもこの
美しさと、めずらしさで直ぐ決めました。「KOSTA BODA」(コスタ ボダ)という
北欧の有名なクリスタルメーカーの商品です。北欧の食器・インテリアには
海の幸をデザインした物が時々あり目が離せません。
紙箱の外・中、全面グリーンなのもめずらしくてきれいです。

Dscf2131
近くのリサイクル・ショップで同じような大皿でロブスター柄を見たことがありま
した。やはり大皿はあまり使わないので、手放したのでしょう。
暑い日にサラダや素麺を盛れば、目にも涼しげな一品になりそうですが・・・。

*幅:29.5cm/縦:24.8cm

今日の故事・ことわざ

*月下氷人(Getsuka hyojin)
意味:結婚の仲立をする人のこと。仲人。媒酌人。中国の唐の韋固(いこ)が、
月夜に会った老人の予言どおり結婚し<続幽怪録>(ぞくゆうかいろく、晉(しん)
の令狐策(れいこさく)が、氷上で氷下の人と語った夢を見たが、その夢判断の
とおり太守(たいしゅ)(郡の長官)のむすこの仲人をしたという故事による。
<晉書>(しんじょ)

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小物入れ:2011.07.20

cancer 木の小物入れ

観光では行ったことがありませんが、今までに2回仕事で沖縄へ行きました。
そのどちらかの時に那覇で発見したのだと思います。

Dscf2132
東南アジアのお土産にも木製の動物がよくありますが、その雰囲気に少し近い
おおらかな形をしています。

Dscf2133 
「確か、沖縄で・・・」と後ろ側を見たら「okinawa」とアルファベットで書かれてい
ました。 漢字で書くよりもしっくりするのでしょうか?

*幅:12.6cm/縦:9.5cm/高さ:3.5cm

今日の故事・ことわざ

*木の実は木の本(Ki no mi wa ki no moto)
意味:木になった実はその根もとに落ちて土にかえり、その木の生育に役立
つものだ。

用法:万物はすべてその本へ帰るのが、本来のあるべき姿であることを
説くとき用いられる。

英語:The fruit falls not far from the stem.
(果実はその幹から遠くへは落ちない)

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブック・マーカー:2011.07.19

cancer ブック・マーカー

星座シリーズのブック・マーカーです。7.1にご紹介した物は金色で、アメリカ
製でした。その形はこれが「しおり」?という物でしたが、今回は日本製で慣れ
親しんだ形をしています。

Dscf2124

レーザーカットなのか、薄ーいプレートに細かい図案が切り抜かれています。

Dscf2135
台紙の裏にはすべての星座図案が紹介されています。星座部分だけでは
なくその下部分もすべて違う図案になっています。

読みかけの本が増えると、それぞれにブック・マーカーが必要になり手近に
ある紙を挿んだりしてしまいます。お気に入りを挿むと、はさんだまま長い間
忘れてしまうのです。電車通勤をしていた時は、読書も進んだのですが家で
はなかなか本を手にすることがありません。

あの地震以降、居間の照明は天井の大きなものではなく小さなスポットライト
にしているので、できるだけ新聞も昼間の自然光で読むようにしています。
このちょっとオレンジがかった照明はパリのアパルトマンを思い出させます。
外から家々の明かりを見ると穏やかできれいでしたが、これで十分なのかと
思ったものです。今日本でも、以前は明るすぎたと思う人が増えたようですが、
少ない光にも慣れるものですね。残念ながら何かのきっかけがないと、意識
もしないことでした。今回は必要にせまられたとはいえ、考えるきっかけに
なれば良いと思います。

*縦:11.6cm/横:3.5(上部)、2.8cm(下部)/日本製/¥300

今日の故事・ことわざ

*天道様は見通し(Tentou-sama wa mitooshi)
意味:お日様は高いところから、何が起こってもすべて見ていらっしゃるから、
ごまかすことはできない。いつわりの行為は、必ずいつかはばれてしまう
ものだという意。

用法:どんなときにも正道を歩め、という戒めとして用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箸置き:2011.07.18

cancer ガラスの箸置き

確か十年以上前に池袋・西武の食器売り場で発見。このところの暑さには
ぴったりの、氷で作られたようなめずらしい箸置きです。

Dscf2122
暑くて今にも溶け出しそう・・sweat02。大きめなので洋食用にも使えそうです。

Dscf2123
透明で見えづらいので、角度と台紙を変えてみました。これは色付きではなく、
透明なのがぴったりです。こういう小物は特に、その後同じ物を見ることが
ありません。あの時出会っていてよかった!

*幅:8.0cm/縦:5.6cm/厚さ:1.3cm

今日の故事・ことわざ

*薄氷を踏むが如し(Hakuhyo o fumu ga gotoshi)
意味:いつ裂けるかわからない薄い氷の上を、おそるおそる渡るように、
きわめて危険な場に臨むことのたとえ。<詩経>

用法:「薄氷をふむ思い」と用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香立て:2011.07.17

cancer 香立て

中野の臨時古物市で発見したのですが、これが本当に香立てなのかはわかり
ません。蓮の葉をかたどっているので、いつもお線香を入れて使っています。

Dscf2109
初めて見た時、蓮の葉をくるっと巻いたデザインがとてもきれいだと思いました。

Dscf2110
先日買い物途中にある蓮が蕾になっているのを見たので、そろそろ咲く頃か
と思い今日カメラを持参してまだ日差しの強い夕方、買い物に行きました。

Dscf2116Dscf2115Dscf2114
ピンクの花は千葉県の切手にもなっている「大賀蓮」です。

Dscf2121
*高さ:6.2cm直径:3.5cm

今日の故事・ことわざ

*志は木の葉に包め(Kokorozashi wa konoha ni tutume)
意味:真心さえこもっていれば、贈り物はたとえ木の葉で包むようなささやか
なものであってもよい。

用法:贈り物というものは、値段の高い安いや、形の大小によらず、すべて
贈る側の誠意が大切というたとえに用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

刀の鍔:2011.07.16

cancer 刀の鍔(つば)

同じデザインでT-シャツ、カードと続きましたが、今日は盛岡の南部鉄製の
カニをデザインした鍔です。

Dscf2111
現代の使い方としては、ペーパーウェイトか急須の台になりそうです。
この図案を見て、確かプリントごっこでずいぶん前に暑中見舞いカードを作った
ことを思い出し、探してみました。

Dscf2107
先にカードが見つかったのですが、いつも書いているはずのメモがなく古い
手紙ノートから20年前の’91・夏に作った物だとわかりました。

’83.6から付け始めたこのノートも現在No.24になりました。このカードは
図案の大きさや色、紙質もいまひとつの仕上がりでしたが50枚ほどを送って
いました。最近は暑中カードの枚数もずいぶん少なくなりました。メールで
済ませてしまうため手紙全体の数が減り、1冊のノートが2年間もつことも
あるようになりました。

*直径:8.8cm

今日の故事・ことわざ

*快刀乱麻を断つ(Kaito ranma o tatsu)
意味:よく切れる刀を使い、もつれた麻を切ること。

用法:紛糾した問題を手ぎわよく、てきぱきと解決していくとき用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポスト・カード:2011.07.15

cancer ポスト・カード

昨日ご紹介したT-シャツの柄とほぼ同じ形をした刀の鍔(つば)のカードです。

Dscf2106
裏面に書かれている東京国立博物館で発見した物だと思います。
「蟹透鐔 室町時代」と説明もあります。郵便番号の桝目が5つしか印刷されて
いないので、ずいぶん前のカードです。気に入った物、めったに見ないものは
何枚か買っておかないと、次がありません。

カニ型の刀の鍔はこれだけなのか、このデザインを他でも見ることがあります。

今日の故事・ことわざ

*単刀直入(Tantou chokunyu)
意味:ただ一振りの刀で敵の中へまっすぐ切りこむということで、物事に真正面
から突進すること。また、文章や言論などで、直接に本題に入ること。
<伝燈録>(でんとうろく)

用法:前置きや飾りのことばをなどを使わずに、無遠慮に要点を話すような
場合、「単刀直入に言うと・・・」などと用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

T-シャツ:2011.07.14

cancer T-シャツ

2000年に買った6枚のT-シャツはいまだ見つかっていませんが、この1枚が
出てきました。

Dscf2101
刀の鍔(つば)がデザインされています。子供用の甚平ではカニ柄を見たこと
がありますが、他ではあまりカニを見ることがありません。
ずいぶん前に電車で前に座った年配の男性が、細かいカニの総柄ネクタイを
していたのと、商店街を歩いていたやはり年配の男性のシャツの裾に大きめの
カニがボーダーで描かれていたのを見たことがありました。思わず声をかけて
どこで見つけたのかを聞きたいと思いましたが、突然そんなことで声を掛けら
れたらびっくりするでしょうね。

今日の故事・ことわざ

*胸に一物(Mune ni ichi-motsu)
意味:心の中に、ひそかに考えを持つこと。

用法:何かしっくりとしない場合に用いる。とくに悪だくみを持つときは「腹に
一物」と使う。

英語:A honey-tongue,a heart of gall.
「口に蜂蜜、腹に胆汁→胸に一物」

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポスト・カード:2011.07.13

cancer ポスト・カード:2011.07.12

昨日友人から届いたカードです。1年前の7.12に始まったこのブログの第1回
も、彼女から届いたアイスランドのコインの紹介でした。

Dscf2100
私も見たことのないカードです。いつも気にかけていてくれるのでしょう。感謝!
切手も「三社祭り・東京」で、いつものように季節に合わせてあります。

このカードのタイトルは「わたしはとべる/I CAN FLY」。カニが飛ぶ?と
思ったら上から下がる糸をはさんでいます。小説の「蜘蛛の糸」を思いました
が、どうやら疑似餌の付いた釣り糸をつかんだ様子。飛べると思っているカニ
のこの先が心配ですが、自分ではできると思って「エイ!」と試してみることも
あるなー・・と思いました。やってみなければ分からないこともありますし、
違うと思ったらその手を離しても遅くはないでしょう。

涼しげな色も、カニの形もきれいなカードです。

今日の故事・ことわざ

*身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ(Mi o sutete koso ukabu se mo are)
意味:自分の身を犠牲にする覚悟があってこそ窮地を脱し、物事を成しとげる
ことができる。

用法:捨て身の戦法をいうことばとしてよく用いられる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小鉢:2011.07.12

cancer 小鉢

今までに食器もずいぶんご紹介したので、記録ノートでまだの物を確認して
食器棚から探し出しています。

Dscf2091
カニの食器では割と少ない茶色で、手描きなのかカニの大きさがずいぶん違い
ます。買うときは必ず柄をチェックして選んでいるのですがばらつきがあります。
このくらいの大きさの食器は、使いやすくなんにでも合わせることができますが
柄が外側ではなく、底にあるのできれいに食べ終わらなければ見えません。

*直径:13.8cm/深さ:4.5cm

今日の故事・ことわざ

*隠れての信は顕れての徳(Kakurete no shin wa arawarete no toku)
意味:外に表さず心に秘めている信仰は、自然のうちに神仏に感応して外に
表れ、必ず、よい報いとなってかえってくるということ。

用法:人か気がつかない場合でも、隠れた善行に対しては必ずはっきりした
利得が与えられるものだということ。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタンプ:2011.07.11

cancer 漢字スタンプ:2010.12.08

早いもので始めるのに時間がかかったこのブログも、今日で1年となりました。
ある婦人雑誌の8月号のタイトルに「私蔵コレクション」とありますが、それらは
みなすばらしく美しく、宝物と呼べるものです。それに対して私のものたちは
タイトルどおり、他の人にとってはガラクタで私には宝物という物ばかり。
そろそろ出尽くした「蟹]の次はどんな「ガラクタ・宝」をご紹介しましょう?!
そしてこれもタイトルのように、「ガラクタだから」期待しないで見ていただければ
幸いです。
                  cancer heart cancer heart cancer heart

あるものを集めている人のブログでその物の文字の入った印鑑まで集めたと
書いてあったのを見て、きっと「蟹江・蟹沢・・」などという印鑑があるだろうと
スーパーなどを探しましたが見つからず、ある100円ショップで名前よりも
気に入ったスタンプを発見!

Dscf2094

これはNo0222でレゴのように上下に文字を組み合わせて名前スタンプを作る
ことができます。自分の苗字以外の印鑑を買っても使い道はありませんが、
これならば使う機会もありそうです。

*縦・横・長さ:1.7×2.2×4.5cm/インク内臓

今日の故事・ことわざ

*一字千金(Ichi-ji sen kin)
意味:きわめてすぐれていて、価値のある文字や文章のこと。<史記>

用法:文章がすぐれていて、その一字一字に千金の価値があるという意で、
とくに、文章の中で巧みな表現や透徹した鋭い語句があって、全体をひきしめ
ている場合に「一字千金のことば」というように用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さかずき:2011.07.10

cancer さかずき

昨年12.6にも同じ物をご紹介しました。それは’01年に新宿のフリーマーケ
ットで発見したのですが、2個目とはどこで出会ったのかわかりません。

Dscf2089
酒造会社の図柄で酒樽にも同じカニが描かれています。私は日常アルコール
を飲みませんが、白地に青がすっきり映えてお酒が美味しくいただけそうです。

Dscf2090
飲みすぎると、器の底の二重丸が回って見えるかもしれません。typhoon

*高さ:5.5cm/直径:6.0cm

今日の故事・ことわざ

*酒は三献に限る(Sake wa sankon ni kagiru)
意味:酒はほどよく飲むのがよく、三献(一献は盃に三杯)より多く飲むと酒の
ために本心を忘れて乱れることが多い。<醒睡笑>(せいすいしょう)

用法:酒はあまり強くない方が身のためだと、とくに大酒飲みを戒めることば
として用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレゼント:2011.07.09

cancer 郵便はがき

今日友人達から届いたプレゼントを早速ご紹介します。

Dscf2096

左上はエッフェル塔の磁石付きカード。そしてもう一つはこのきれいなカニ!
同封のカードに「召し上がれ!!」と書いてあったので、カニせんべい?かと
思ったらビニール製の郵便はがきでした!

Dscf2099
本物をぺったんこにしたようなリアルさ。今までカニの郵便はがきは紙製しか
見たことがありません。これをどうやって送るかというと・・・mail

裏面が白で、郵便番号の升目が書かれていて 直接120円切手を貼って送る
ことができるのです!このまま送ったら郵便やさんも受け取る人も驚くでしょうね。

*幅:16.8cm/縦:10.2cm

今日の故事・ことわざ

*煮ても焼いても食えぬ(Nite mo yaite mo kuenu)
意味:煮るか焼くかすればどうにか食えるのが普通なのに、こればかりは
どうやっても食えないということ。

用法:どうにもずる賢くて、扱いにくい人をさして用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カニバラン:2011.07.08

cancer カニバラン

今年の2.6に白い物をご紹介しましたが、これはよく見るグリーンです。
ところで「バラン」をご存知ですか?

Dscf2092
お弁当などの仕切りや飾りとしてよく見るものですが、普通はこれと同じ
グリーンで草の形をしています。カニの形があるのもめずらしいですし、それが
問屋街などではなく普通のお店で売られていることに驚きました。
本来は殺菌効果のために笹の葉を切って入れたのだと思いますが、桜餅の
葉や木目が印刷された器のように人工的なものになってしまいました。

Dscf2093
仕切りといってもアクセントになるくらいで実用性はそれほどないのに、“美”を
追求する考え方がとても日本的で渋いと思います。

*幅:8.0cm/縦:5.7cm/50枚入り/¥180

今日の故事・ことわざ

*無用の長物(Muyo no chobutsu)
意味:「長物」は、長いばかりで実際の役に立たないもののことで、あっても
益がなく、またかえって邪魔になるものをいう。

用法:「万里の長城」などが例としてよく用いられる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お菓子の型:2011.07.07

cancer お菓子の型

先月中旬から3回目のお菓子の型です。これは100円ショップで発見した物
かもしれません。

Dscf2087
前にご紹介した物より小さく、アルミニウムも薄い作りです。いったい何を
作ればカニの形が見えるものができるのでしょう?

Dscf2088
今年の夏はこれでいろいろな色のジュースを凍らせて、シャーベットにして
みようと思います。どの色がよりカニの形が見えるか、試してみます。

*上部直径:4.8cm/下部直径:7.0cm/深さ:4.0cm/2個

今日の故事・ことわざ

*開けて悔しき玉手箱(Akete kuyashiki tamate-bako)
意味:期待していたものの中身を見たら予想がはずれてがっかりすること。
浦島太郎の故事からできたことわざ。竜宮から帰った浦島太郎が、乙姫から
もらった玉手箱を開けてみたら、宝物ではなくて白い煙が立ちのぼり、若者
であった太郎がたちまち老人になってしまったという伝説。

用法:大きな期待に対して、予想がはずれて残念でしたという期待はずれの
ときに使う。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コースター:2011.07.06

cancer コースター

以前コルクの物をご紹介しましたが、今日はプラスティック製です。
確か叔母の家で見つけたのを貰ったと思います。

Dscf2086
裏面に素材以外は書かれていませんが、飲み物か何かのおまけに付いて
いたのでしょう。

Dscf2085
魚とカニの2つを貰いました。普段は無地のコルクと陶器製を使っていますが、
このところ暑いので氷を入れた飲み物をコルクの上に置いておき机をびしょ
びしょにしてしまいました。 確か去年も同じことをしたと思いますが、この2つも
デザインが穴だらけなので氷入りのカップを置くことはできません。

友人のフランス人が日本で最初に覚えた言葉は「氷なしのお水下さい」でした。
冷たい物は体に良くないからだそうですが、特に夏は沢山氷を入れて飲むのが
私の毎日の習慣です。これから一層暑い日が続きますので、氷を入れた時は
プラスティックのプレートに乗せて、何度も机をぬらすことのないように気をつけ
ます。

*直径:7.3cm/ポリエチレン製

今日の故事・ことわざ

*餓鬼の目に水見えず(Gaki no me ni mizu miezu)
意味:餓鬼はいつものどの渇きを訴え、水が欲しいと望んでいながら、あまり
焦るため、かえって近くに水のあるのに気づかない。

用法:欲しい物が手近にあっても、意外に気づかないで見落としてしまうもの
だと、戒めるときに用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スリッパ:2011.07.05

cancer スリッパ

友人からのプレゼントで、カニ・グッズにはめずらしいピンクです。

Dscf2083
私が以前買ったものは甲の部分にカニの刺しゅうがあっただけですが、こちら
は履く部分までカニ柄の生地が使われています。色違いで2足買い、1足履い
てぼろぼろにしたことがあるので、このきれいなピンクは大切にしています。

Dscf2082
「静か。特殊底の使用であのパタパタ音を解消しました。」というタグがついて
います。底を見ると小さな点がいくつもついています。どのような作りなのかは
わかりませんが、確かにあのパタパタは気になる音です。その上「抗菌・防
カビ」だそうです。小さなスリッパにも沢山の工夫が施されています。
企画は日本、生産は中国だそうです。日本らしいと思いました。

今日の故事・ことわざ

*鉄の草鞋で尋ねる(Kane no waraji de tazuneru)
意味:どんなにはいてもすり切れない草履をはいて、あちこち尋ねまわると
いう意味から、根気よく歩いて探しまわることをいう。

用法:「鉄の草鞋で探しても見つからない花嫁」などと、よい意味で用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パズル:2011.07.04

cancer パズル

友人からのプレゼントです。パズルというほど複雑ではなく、木製の3色・
3パーツが組み合わされています。

Dscf2079
脚の部分はつなぎ目の形が若干違う為、左右を換えると組み込めません。

Dscf2080
ずいぶん前の物なので、引き出し形の透明ケースも変色しています。その中に
しまおうとした時、中央部分が浮き出て、まるで海老のように見えました。

*幅:6.3cm/縦:4.3cm/厚さ:1.8cm

今日の故事・ことわざ

*三拍子揃う(San-byoshi sorou)
意味:いろいろな条件がすべて揃ったということ。三拍子は、笛・小鼓・太鼓
のこと。

用法:何か事を行おうとするとき、すべての準備が整った状態を言ったり、
人間として多芸で何をさせてもこなす人物を評して用いたりする。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スズ:2011.07.03

cancer スズ

この紙箱の中の物は、出張先の沖縄で同行の方に頂いた陶器のカニ風鈴だと
ずっと思っていました。今日箱から出してびっくり!全く見覚えがありません・・。

Dscf2076
とても渋い感じの土鈴でした。叔母が土鈴を集めていると知ってからは、新年に
干支のものをプレゼントしたことはありますが、カニの鈴はあまり見たことが
ありません。これは誰から、どこからやって来たのでしょう?

Dscf2077
今年の夏は節電の為、扇風機、すだれ、グリーンカーテンを作るための植物、
扇子などが例年以上に売れているそうです。涼しさを演出するため駅の通路
に沢山の風鈴を下げた所もあるそうです。ここ数年の科学の進歩はめざま
しいものがありますが、同時に昔の人の知恵にも驚かされます。

今日は風鈴のご紹介ではありませんが、音・色・香りなどでも涼を感じることが
できるので、電気にだけ頼るのではなくもう直ぐやってくる夏の暑さに活かした
いと思いました。

*幅:5.8cm/高さ:6.2cm

今日の故事・ことわざ

*風に順いて呼ぶ(Kaze ni sitagaite yobu)
意味:風上から風下に向かって呼ぶと、よく声が通って聞こえるように、何事も
勢いに乗って事をなせば、たやすく成功することのたとえ。<荀子>(じゅんし)

用法:物事は勢いに乗ずることが得策で、他の力を効果的に利用する心がけを
勧めることばとして用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レター・ウェイト:2011.07.02

cancer レター・ウェイト

ペーパー・ウェイトが名称だと思っていましたが、紙の箱に"LETTER-WEIGHT"
と印刷されています。

Dscf2074
和風英語かとも思いましたが、“文鎮”を電子辞書の和英辞典で調べると
“ペーパー・ウェイト”と表示されました。

それにしてもこんなにきれいで、箱入りなのにどのようにして手元にやってきた
のか全くわかりません。大学ノートに記録を始めた’94年より以前のことだった
のかもしれませんが、もしどなたかからのプレゼントなら、申し訳ない・・・。

Dscf2075
箱に"Hand Made"と書かれています。ずいぶん前の「ホビー・ショー」でガラス
に図柄を入れられる道具を買いましたが、それもまた未使用です。coldsweats01
こんなにきれいな図柄を自分で入れられれば、カニ・グッズを自分でどんどん
増やすことができます。

*直径:7.5cm/厚さ:2.0cm

今日の故事・ことわざ

*葦編三絶(Ihen sanzetsu)
意味:くり返しくり返し読むこと、熟読すること。孔子が晩年に「易経」を好んで
読み、なめし皮のひもで編んで作ったその書物が、三度もすり切れたという
故事から生まれたことば。<史記>

用法:読書が好きで、夢中になって読みふける人に対してのほめことばとして
用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブックマーク:2011.07.01

cancer ブックマーク

美術館グッズを販売しているお店で発見。星座シリーズなので他の11種類も
あったのでしょうが、どこのお店だったのかも記憶にありません。

Dscf2073
美術作品の図柄を使ったものだと思いますが、なぜカーブしたこの形なのでし
ょう? 使っていないので使用感はわかりませんが、しおりといえば細長い物を
想像します。

先日知って驚いたのは電子書籍にも「しおり」の機能があることです。試した
わけではありませんが、ページをめくる感覚も不思議に思えました。

「これが常識」という固定概念を変えざるを得ないこともしばしばあります。

*幅:5.6cm/縦:3.1cm/アメリカ製/¥800

今日の故事・ことわざ

*読書百遍義自ら見る(Dokusho hyappen gi onozukara arawaru)
意味:書物は、何回もくり返して読んでいけば、自然に内容がわかってくる
ものだ。<魏志>(ぎし)

用法:読書は、良書を選んで熟読することがよいと勧めるときに用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »