« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

ランチョンマット:2011.08.31

cancer ランチョンマット

友人のお母さんから頂いたのですが、袋に「使用上の注意」しかシールが張ら
れていないので、洋食であれば「ランチョンマット」ですが和食用は何と言う名称
なのかわかりません。

Dscf2219
食事の時にテーブルの上に引く和紙です。季節の花などが印刷されている
ものは100円ショップでも見ますが、カニは他でも見たことがありません。

Dscf2220
袋に5枚入っていました。台所の壁の上の方に釘が1本出ているのを見つけ
てからは、そこに絵のように飾っています。パウチ加工をすれば食事の時に
使えるのですが・・・。

Dscf2221
出張でホテルに泊まると、朝食のテーブルにその地方の地図がイラスト入りで
描かれた紙が一人づつに引かれている事があり、持ち帰ったこともありますが、
ほとんどは1回使った後に捨てられてしまいます。
フランス人と食事をすると、置かれている大き目のテーブルナプキンをよく使い
食事の最後にはぐちゃぐちゃになるくらいですが、私はほとんど使わないので
そのまま捨てられるのももったいなく、持ち帰るようにしていました。これは
ガス台等をちょっと拭くのに便利で、まだたくさんあります。
フランスの家庭では布の物を各自がわかるように 結んで何回かの食事に
使っていました。最近は電気・水の無駄について気をつける人は増えましたが
紙もずいぶん無駄にしていると思います。

*縦・横:25.3×36.0cm/5枚入り

今日の故事・ことわざ

*和を以って貴しとなす(Wa wo mottsute toutoshi to nasu)
意味:この世の中では、何事をするにも、みんなが和らいで行うことが貴い。
<日本書紀>

《参考》聖徳太子の十七条憲法(604年)の第一条に使われていることば。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箸置き:2011.08.30

cancer 箸置き

今日「カニ・グッズ記録ノート」と箸置きケースの中身を何度も確認して、まだ
ご紹介していない箸置きを幾つか見つけました。ですがお茶碗のように連続
しないように少しづつご紹介することにします。

Dscf2217
これもどなたかに頂いたのかもしれません。“これも”と言うのは、すでに今年
4.26に友人のお母さんから頂いた同じ物をご紹介したからで、それは
色が加わったフルセットの箱入りでした。

Dscf2218

箱に“高級美術 有田焼”と書かれているので、今回の3個も有田焼だと
わかりました。 昨日同様、集合写真は大家族の食卓のように見えます。

*直径:4.0cm/3個

今日の故事・ことわざ

*その一を知りてその二を知らず(Sono ichi wo shirite sono ni wo shirazu)
意味:物事の一部分だけ分かっているが、それ以上のことは少しもわかって
いない。表面的なことだけわかって、その奥底にある真理がわからないこと。
<荘子(そうじ)

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

植木鉢:2011.08.29

cancer 植木鉢

やっと“お茶碗”以外のものになりました。ずいぶん前、「錦糸町」出張中に駅前
のデパートの店先で販売していた物の中に発見。出張先が家から近い場合、
私のみホテルに宿泊せずに家から通っていたのですが、錦糸町ではきれいで
大きいホテルに1週間滞在しました。そのホテルに朝、沢山荷物が運ばれて
きたと思ったら、修学旅行生のものでびっくりしたのを覚えています。
中学か高校生だったかはわかりませんが、以前から海外に行く学校もあると
聞きますからホテル泊も驚くことではないのでしょう。私たちは「京都」に行き、
学生が多く泊まる旅館に宿泊したので、やはり時代の流れを感じます。

Dscf2215
そんな些細なことは記憶しているのに、この植木鉢は何の販売で店先にあっ
たのかは覚えていません。「輸入品フェアー」だったのか・・・?荷物になると
は思いましたが、めずらしいので思わず購入しました。

Dscf2216
植木鉢なので底に水はけ用の穴が開いています。それぞれカニとえびが2匹
づつ描かれていますが、“海老”は文字通り腰が曲がり変な形をしています。
海外で作られた物らしい不思議な形です。
土を入れる気もせず、何の植物が合うかもわからず 2つ重ねて棒状のカニ
グッズ(箸、耳かき、ボタンシートなど)を立て飾り棚の中にあります。

*大の直径:9.3cm/高さ:7.5cm、小の直径:7.0cm/高さ:5.2cm

今日の故事・ことわざ

*底に底あり(Soko ni soko ari)
意味:「底」は表面から見えないところの意味で、奥にいちだんとこみいった
事情がかくされていることを表すことば。

用法:一通りではわからないような問題に当面したときに用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お茶碗:2011.08.28

cancer お茶碗

「えー、またお茶碗・・・」と言う声が聞こえてきそうですが、ここで一区切り。
食器棚にはまだあるのかもしれませんが、明日からは違うものを探します。

Dscf2213
大きなカニが描かれている図案は好きですし、この色も気に入っていますが
このカニは酔っているか、怒っているような表情です。

Dscf2212
底にひらがなで「あい」と書かれているのは作家名なのか・・・?他の茶碗には
読めないような漢字が書かれていますが、お茶碗連続5種類の共通点は、
どれも小ぶりで女性用らしいところです。買うときは柄しか見ていないので
気づきもしませんでしたが下段中央の5.11にご紹介した「カニ・ひらめ」のみ
が大きめでした。

Dscf2214
これが今までにご紹介したお茶碗です!まるで大家族の食卓のようです。

*直径:11.5cm/高さ:5.7cm

今日の故事・ことわざ

*十人十色(Ju-nin to-iro)
意味:十人が集まれば、その一人一人の姿や形がみな違うように、好みも
考えもそれぞれの立場もみな違っているものだという意。

用法:心、姿、考え方など、同じ人間はこの世に存在しないのだから、自分の
考えや好みだけで他を類推したり、無理な押しつけしないよう相手の立場も
考えるべきだというたとえとして用いる。

英語:Many men,many minds.
   (人はそれぞれ違った心をもっている)

[故事・ことわざ・世界の名言集より]      ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お茶碗:2011.08.27

cancer お茶碗

お茶碗連続も4つ目になりました。今回はカニ以外の魚も描かれています。

Dscf2224
とても繊細な絵付けで、このカニは甲羅の形から“ガザミ”のようです。

Dscf2225
他には“はぜ、エイ、えび、ふぐ、イカ”らしき透明感のある5柄が花びらの
ような枠の中に一つづつ描かれています。

Dscf2226
底に書いてある文字は全く読めません。どこの焼き物なのか、どこの物でも
ないのか?

*直径:11.9cm/高さ:5.5cm

今日のことわざ

*魚心あれば水心(Uo-gokoro areba mizu-gokoro)
意味:相手が好意を寄せれば、こちらもそれを感じとって好意を持つもので
あるという意。また、先方の出方しだいでこちらの態度も決まるということ。

用法:魚と水は深いつながりを持つが、このようにお互いがもちつもたれつ
の仲の良いことのたとえとして用いる。

英語:Scratch me and I'll scratch you.
       (私の背を掻いてくれれば君の背を掻こう)

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お茶碗:2011.08.26

cancer お茶碗

よくもこんなにいろいろなカニのお茶碗があったもので、3日連続になります。

Dscf2207
今までのシンプルな物と違い凝った構図で、多色使いです。

Dscf2208
そしてカニは正面から描かれ、4匹がこちらに向かってはさみを上げ威嚇して
いるような感じです。ここしばらくは陶器市などでもカニ柄のものを見ないので、
食器棚に幾つもあるのを見ると、それぞれと縁があったのだと 思います。

*直径:11.5cm/高さ:5.5cm

今日の故事・ことわざ

*一期一会(Ichigo ichie)
意味:一生に一回限りのことの意。

用法:茶道で、どの茶の会でも一生にただ一度だと考えて、常にまことをつくす
べきだという考えのことばで、ものごととの出会いをだいじにし、それが二度と
はないという心がまえで、真剣に相対するときに用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お茶碗:2011.08.25

cancer お茶碗

昨日に続き今日もお茶碗です。食器棚の中でまだ紹介していないであろう物を
探した際に、何種類かのお茶碗を出してきました。そこで忘れないうちに続けて
ご紹介させて頂きます。

Dscf2203
持っている食器の中でもめずらしい黒地です。柄部分は下地の素焼きの色で
表されています。布の染色でしたらろうけつ染めや絞り染めが地色を残す手法
ですが、陶器ではどのように地色を柄として残すのでしょう?
いずれにしても黒の器に白いご飯は、白が一層映え美味しそうに見えてつい
お代わりをしてしまいそうです。

Dscf2204
*直径:12.0cm/高さ:5.2cm

今日の故事・ことわざ

*空き腹にまずい物なし(Suki-bara ni mazui mono nashi)
意味:空腹のときは、どんなにまずい物でもおいしく食べられるものだ。ぜいた
くを戒め、食べ物に不平を言わずに生活することを教えたことばである。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お茶碗:2011.08.24

cancer お茶碗

昨日ご紹介のれんげにぴったりの、同じく白地に紺のカニ柄のお茶碗です。

Dscf2201
小ぶりで内側が無地でれんげのカニ同様、脚が特徴です。これが“蜘蛛”のよう
に見える方もいるかもしれません。

Dscf2202
さあ、このお茶碗とれんげで何を食べましょう。もちろん食べている時、私に
柄は見えませんが・・・。

*直径:11.8cm/高さ:5.8cm

今日の故事・ことわざ

*居候の三杯目(Isoro no san-bai me)
意味:居候はすべてに遠慮がちで、ことに食事は家人に気兼ねして三杯目の
お代わりをそっと出すほどである。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

れんげ:2011.08.23

cancer れんげ

昨日ご紹介した土鍋でカニ雑炊を作った時は、このれんげというか“さじ”を
使っていました。土鍋を使わなくなり、このさじも長い間引き出しの中にありま
した。

Dscf2205
土ではなく陶器でできているので、質感は土鍋とは全く違い色も白地です。

Dscf2200
これほど雰囲気が違うなら、同じ引き出しの中にある木製のスプーンのほうが
素朴で合うのかもしれませんが、中華のれんげよりも小さく、丸みのある形が
熱いものを食べるにはちょうど良かったのです。

Dscf2206
そして、受け皿にも同じ柄がついています。この小さなお皿もあると便利です。

*れんげの長さ:13.0cm/受け皿の直径:7.0cm

今日の故事・ことわざ

*さじを投げる(Saji wo nageru)
意味:どうにも見込みがないとあきらめたり、物事を中止したりすること。
また、医者が病人を見放すこと。

用法:ふつう物事の成功が望めなくなったりしたときによく用いられる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お鍋:2011.08.22

cancer お鍋

あの真夏日から打って変わって、ここ数日は秋の気配すら感じられます。
そこで冬の物ではありますが、お鍋のご紹介です。

Dscf2194
たしか15年以上前だったと思いますが、新宿のデパートで発見し初めてカニ柄
のものを見つけたので即購入しました。大家族用の大きな物から一人用の小さ
なお鍋まで同柄のものが大から小へとずらっと並んでいて、考えたに末一番
小さいのから2番目の物を選びました。

Dscf2196
1人暮らしの時は夕食のインスタント蟹雑炊をこれでよく温めたものです。
実家に引っ越してからは全く使う機会がありませんが、ご飯を土鍋で炊くと美味
しいと聞いたことがあるので、今度使ってみたいと思います。
一時、100円ショップで一人用の土鍋が買えると紹介され、今も販売されてい
ますが柄も重量感もやはり自分の物が一番!
他でもこれほど気に入ったものとはまだ出会っていませんが、若しあれば、
今度はもう少し大きいサイズを選びます。

*直径:19.2cm/高さ:11.0cm

今日の故事・ことわざ

*秋高く馬肥ゆ(Aki takaku uma koyu)
意味:秋の空は晴れ渡って高く感ずる。実りの秋であり、食糧が豊富で、馬も
十分にふとるという意味。(中国では騎馬軍を主力とする匈奴(きょうど)=蒙古
民族の意気があがって、国境から侵入する季節なので、警戒するべききざし
として言った。)

用法:行楽の好季節としての秋をたたえることばで、「秋高く馬肥ゆるころと
なりました」と手紙文などに引用される。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立体カード:2011.08.21

cancer 立体カード

まるで3Dのような、凝ったつくりのカードです。

Dscf2192
普通カードの裏には会社名や品番が印刷されていますが、何も書かれていま
せんし、パッケージにシールも張られていないのでどこで買ったのか全くヒント
がありません。

Dscf2193
カードを上から見ると立体感がわかるのですが、4層とその間にカニ2匹と
草が挿まれ全部で7層になっています。
毎年クリスマス・カードを作るためヒントになるカードを探しますが、これほど
複雑な物はとても手作りではできません。表面の窓には透明なフィルムが
張られていますので、材料を揃えてきれいに仕上げるのも大変です。

11月にもなるとやっと海外用カードのアイデアを探し始めますが、なぜ夏の
うちからやらなかったのかと毎年後悔します。長い間クリスマス関連の
デザインで作ることを考えていましたが、海外には和風のほうが良いのでは
と思い、ここ数年は干支のアイデアを探しています。実際はカードが12月
25日前に届くのが間に合わなくて、新年に合わせたものになりました。
暑い、暑いと言っているうちに、夜風に秋を感じる今頃からそろそろ来年の
『辰』のアイデアを考えなくては!9月になると年賀状ソフトの販売も開始され、
気持ちだけはあせります。coldsweats02

*幅:15.3cm/縦:11.0cm

今日の故事・ことわざ

*中に誠あれば外に形わる(Uchi ni makoto areba soto ni arawaru)
意味:心の中に真実をもっていれば、それは自然に外形に現れてくるものだ。
人間の心の奥底はそれが善であれ悪であれ、必ずその人の顔つきや態度
にまで現れる。<大学>

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しおり:2011.08.20

cancer きんのしおり

これはご紹介する3つ目のしおりです。そのどれもが“星座シリーズ”です。

Dscf2189
日本橋の書店で発見しました。他の2つには書かれていない一言が次のように
記されています。『常に他人と較べて幸、不幸を感ずるのは愚痴の人。
独自の価値観を。』

性格が書かれている場合、もう少し良いことが書かれていることが多いと思い
ますが、これはまるで『がんばれ!』と背中をたたかれるような言葉です。
もっと本を読んでいろいろな世界を知って、自分の価値観を持つようにという
星座からではなく、本屋さんからのメッセージ(戦略?!)かもしれません。

Dscf2191
同じ蟹座のしおりもこんなにデザインが違います。私の元にあるのはこの3つ
ですが、他にも様々なデザインの物があるのでしょう!人とは較べませんが、
新たな発見が楽しみでもあります。

*幅:3.5cm/縦:5.5cm/¥300

今日の故事・ことわざ

*習慣は第二の天性なり(Syukan wa dai-ni no tensei nari)
意味:人が日常生活における習慣によって身につける癖などはなかなか強い
ものがあり、時には生まれながらの物のようになってしまう。それほどに習慣が
人に及ぼす影響は大きいものだという意。

英語:Custom is second nature.
(習慣は第二の天性となる)

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パーツ:2011.08.19

cancer パーツ

この親子のような大小のパーツは同じお店で同時に発見した物かは覚えて
いませんが、チェーンとピンは自分で付けました。

Dscf2187
シンプルな形とはっきりした色が気に入っています。ですが、普段はビンに入れ
て飾り棚の中です。

Dscf2188
一時期、問屋街のアクセサリー・パーツ店で買った金属の動物やエンゼル等に
やはりこのお店で買ったピンを付けて、山ほどブローチを作ったことがあります。
作ったピアスは時々使いましたが、ブローチはその機会もないまま道具入れの
中・・。どれにしようかとパーツを選んでいる時は楽しかったのですから、何か
使うものに作り変えたいと思います。

*親カニの幅:3.4cm/縦:2.7cm、子カニの幅:2.3cm/縦:1.7cm

今日の故事・ことわざ

*親は千里を行くとも子を忘れず(Oya wa sen-ri wo ikutomo ko wo wasurezu)
意味:親はどれほど遠くに離れていても、かわいいわが子のことを、いろいろと
思っているものである。それは離れていればこそ、なおさらかわいさがつのる
のである。

用法:親が、わが子の身の上を、強く案じているという気持ちを表すことば。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小皿:2011.08.18

cancer 小皿

昨日のお茶碗の仲間です。

Dscf2185
同じ様に網にカニの図案ですが、こちらは点描もあり線全体が濃い目です。
いろいろな物に使われるということは、やはりこの柄が古典柄だからなのだと
思います。

同じ物を何枚か買う時は色・柄の大きさが揃うように選ぶのですが、この2枚は
手描きではなく、印刷なのに色の濃さがちょっと違ってしまいました。

Dscf2186
昨日のお茶碗は裏面すべてに柄がありましたが、小皿の裏は無地です。
お茶碗は持って食べるので他の方に裏が見えますが、小皿は卓上に置い
ておく物なので柄の付け方が違うのでしょうか?

*直径:11.0cm/高さ:3.0cm/2枚

今日の故事・ことわざ

*形影相同じ(Kei ei ai onaji)
意味:形の曲直はその影ができる物体の曲直によって定まるもので、形と
影はいつも等しい。<列子(れっし)

用法:心が正しければ、当然その行動も正しくなるという意に用いられる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お茶碗:2011.08.17

cancer お茶碗

デパートやスーパーで陶器市を開催していると、このタイプの網柄をよく見か
けました。この2客のように食器売り場でも売っていたと思います。

Dscf2184
まるで花かふぐ刺しのように線が均等にきれいに描かれています。そういえば
最近はあまり目にしていません。脚の内側まで柄が描かれているのもめずら
しく、古典柄だと思うのですが・・・。海柄の器にご飯を盛って食べるというのも
食卓の楽しみ?!

*直径:14.2cm/高さ:6.2cm/2客

今日の故事・ことわざ

*一網打尽(Ichimo dajin)
意味:網を一投げして魚群を一匹残らずとること。悪人の仲間を一人残らず
法の網のかけて根こそぎ捕らえること。

用意法:悪人の一味を「一網打尽に検挙した」と用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポスト・カード:2011.08.16

cancer ポスト・カード

昨日に続いてカードのご紹介ですが、今日は日本で発見したフランス製です。
フランスに暑中カ見舞いの習慣はありませんが、ヴァカンス先から友人たちに
カードを送ることはよくありますし、このカードのタイトルも「ヴァカンス生活」な
のでちょうど今頃が送り時です。

Dscf2182
日本とフランスのヴァカンス事情はかなり違うので、「ヴァカンス」という言葉は
日本語には訳せないかもしれません。夏休みが1ヶ月近くあるのと、お盆前後
の1週間に混雑した道路や鉄道を使い行ったと思ったら、もう帰ってくる休みは
休息の為なのか、疲れるのかわかりません。
このカードの後ろにいる女性が海岸で正座していて、水着でないのは不思議
ですが、長い休みでは海岸でのんびり音楽を聴いたり、読書をしたりする人
たちもいました。彼女はかに座の星占いを見ています!
それなのに捕まえたカニはタコのようで脚がないのも不思議です。

今日の故事・ことわざ

*海に千年山に千年(Umi ni sen-nen yama ni sen-nen)
意味:海や山に千年もの間住んで年功を経、浮世のはげしい波にもまれながら
苦しい経験をつんで、ひどく悪がしこくなった者のことをいう。
「海千山千」ともいう。

英語:An old fox understands a trap.
       (年とった狐はワナを知る。)

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハガキ:2011.08.15

cancer ハガキ:1997.07.21

昨日、あと2ヶ月もすると朝のアイス・コーヒーもホッとに変わると書いたら、
今のうちに夏のハガキをご紹介しておかなくては、、、と思いました。

Dscf2181
持っているカニのハガキは大きく分けて2タイプあり、可愛いイラストのものと
今日のように和風で大人っぽい(?)ものがあります。この銀座の文房具店で
発見したハガキにはできれば美しい縦書の筆文字が似合うと思います。

Dscf2180
そのせいか、14年経っても5枚セットはまだ1枚も使っていません。ここには
6枚ありますが、1枚は’00.6月に友人から偶然同じ物を頂きました。
セットの物は1枚を保存用としてハガキ・ファイルに入れてあります。

*手刷り/¥300/5枚入り

今日の故事・ことわざ

*縦の物を横にもしない(Tate no mono wo yoko nimo shinai)
意味:物をどこかへ移すわけでもなく、ただ向きを変えるような簡単なことさえ
しないということで、めんどうくさがって何もしないでいる不精者の態度をたと
えていうことば。

用法:家の中の整理などに全く手を貸そうとしない者に対して、愚痴と非難を
交えて用いることが多い。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グラニュー糖:2011.08.14

cancer グラニュー糖

これは星座シリーズのスティック・シュガーです。

Dscf2177
「pet Sugar かに座」と表に書かれ、裏にはその誕生期間、幸運の鍵として
色、数字、宝石の名前があり、大まかな性格も書かれています。
最初は12星座が揃っていたのですが、冬の朝飲むコーヒーにほとんど使って
しまい、この1本だけが残りました。
自分で買ったのではなく、実家にあった物をずいぶん前にもらったものです。

夏の暑さに対し、いつもはちょっと気をつけている塩も少し多めに1日おきの
目玉焼きにかけますが、夏の間スティック・シュガーを使うことはありません。
出張の時は日数分のカップに掛けて入れるコーヒーとスティック・シュガー、
スプーンをもって出掛けたものです。だいぶ長期出張にも慣れた頃からの
習慣でした。

Dscf2179
今は、昨日のビンに入れて飾り棚にあります。
あと2ヶ月もすると、1kgのグラニュー糖の袋から砂糖ケースに移してホット・
コーヒーに入れ飲む日がくるなんて、今日の暑さからは想像できません!cafe

*長さ:10.7cm/幅:2.1cm/7g

今日の故事・ことわざ

*口に甘きは腹に害(Kuchi ni amaki wa hara ni gai)
意味:ご馳走はおいしいのでつい食べ過ぎてしまい、胃や腹にもたれて
からだに害を及ぼす。<国姓爺合戦(こくせんやかっせん)

用法:口先でうまいことを言う者は、案外、腹の中ではずるいことを考えている
ものだと言うときに用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビン:2011.08.13

cancer ビン

ある時スーパーで瓶の蓋にいろいろなイラスト付きのなめこを発見。
その数ある種類の中にこのカニの柄もありました。

Dscf2175
どの柄も童話の挿絵のような、ほのぼのとしたものでした。なめことは何の
関係もない図案ですが、食べ終わった後も使えるようにということか、単に
商品を目立たせる為なのか?なめこを食べない私が買ったので、販売目的
は達成しています。

フランスのスーパーでもジャムや、ドレッシングのビンに漫画が描かれている
ものがありました。使い終わったビンをコップに使っている子供のいる家庭も
よくあります。取っておきたくなるような物を企画すれば、資源ごみも少し減る
かも知れません。

Dscf2176
このビンは小さくあまり使い道はなさそうで、以前資源ごみとして捨てられて
いました。カニのイラストに文字を入れる時は『チョキ・チョキ』が多いのに
何を急いでいるのか『エッサ・エッサ』と書かれているのはめずらしい!
最近は他の柄はあるのに、カニを見ることはありません。まさか、私以外の
人が買い占めているわけでもないでしょうに・・・!?

*蓋の直径:4.5cm/ビンの高さ:11.0cm

今日の故事・ことわざ

*臭い物に蓋をする(Kusai mono ni futa wo suru)
意味:悪臭が出ないように一時しのぎに蓋をすること。

用法:不正な行為や人として恥ずかしい行動が世間に知れ渡ることを恐れて、
隠し立てや口どめめの手段を取るとき「臭い物に蓋をする」という言い方で、
その無責任さを責めて用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

切手:2011.08.12

cancer 切手:2001.06.01

昨日は’98年のかもめ~るをご紹介したので、今日は切手にしました。
ふるさと鳥取 自然と風物』は50円切手4柄の構成になっています。

Dscf2173
左から:浦富海岸と松葉ガニ、鳥取砂丘、流しびな、大山

Dscf2174
1960年代に約2年間鳥取県に住んでいました。母に「東京では高いのだから
松葉ガニを沢山食べなさい。」と言われてもまだその価値も美味しさもわから
ない年齢でした。雪が積る頃は、鳥取砂丘で行う体育の授業で生まれて初め
てスキーをしました。流しびなはお土産屋さんなどで見たことはありますが、
自分で流したことはありません。大山には登った事がないと思います。今思うと
せっかく近くに居たのに残念なことです。東京オリンピック(1964年)の聖火
ランナーを県庁前で見たことを覚えています。

その後鳥取に行く機会はありませんでしたが、約40年後に出張で1週間
滞在し、鳥取砂丘に行くことができました。ですが、駅前も街もまるで初めて
訪れたような印象。知っているようで知らない街は不思議な感覚でした。

今日の故事・ことわざ

*以心伝心(Ishin denshin)
意味:心から心に伝えることで、ことばや文字を使わずにお互いに心が通じ
合うことの意。禅宗で仏の法を多くの人に伝える場合によく言われることば。
<伝燈録(でんとうろく)>

用法:もとは仏法の極意であるが、転じて親子や人と人との心が自然のうち
に通じあうときに用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かもめ~る:2011.08.11

cancer かもめ~る:1998.7

昨日郵便局へ行くと、私の前に並んだ方が『かもめ~る』を買っていました。
今年は8月8日が立秋なのですでに残暑見舞いになっていますが、郵便局では
まだかもめ~るを販売しています。

Dscf2172
暑中葉書を出すことは年賀状ほど浸透していませんし、抽選番号が当選する
こともあまり期待できないので、私は夏柄の既製葉書を使っています。
それも最近は出す枚数がずいぶん少なくなりました。ですが出さなければ返事
も気持ちも届かないのです。それはメールでも同じことでしょう。

この切手部分がカニの絵のかもめ~るは1998年(平成10年)の物です!
昨日郵便局に行ったのに、今年の切手図案を見忘れてしまいました。
既製の暑中葉書も一時はカニ図案が沢山あり、ひと夏に何種類も買ってしまい
ましたが最近は金魚や花、花火などが多く、ここしばらくは以前買った葉書を
使っています。

今日の故事・ことわざ

*蒔かぬ種は生えぬ(Makanu tane wa haenu)
意味:原因なくして結果は生まれない。何もしないのによい報いを期待して
みても、得られるものではない。

用法:努力を勧めることばとして、また悪事を戒めることばとしても用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小皿:2011.08.10

cancer 小皿

カニの小皿としてはめずらしい黄色で、形もかなりデフォルメされています。

Dscf2170
レモンのようなあざやかな色をしています。先入観で“カニ=赤”と思いがちで
すが、自然界の色彩はとても豊かで様々な色をしたカニが存在していますから
南の海にはいるかもしれません。

Dscf2171
小皿でめずらしいのは色だけではなく裏面にもあり、3つの足が着いています。
この小皿は出張先で発見したのですが、どこだったかがわかりません。
南の島でなかったことだけは確かなのですが・・・。

*幅:15.2cm/縦:9.3cm

今日の故事・ことわざ

*先入主となる(Sennyu shu to naru)
意味:初めに見聞きして頭に入ったことは、あとあとまで心を支配するもの
である。<漢書(かんじょ)

用法:先入観の強さを説くことばとして用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼き網:2011.08.09

cancer 焼き網

昨日立秋を迎えたとはいえ、まだまだ暑い日が続きます。
今日14時頃、近くまで出掛けた時はこのまま太陽にあたっていたらこんがり
と焼けてしまうのではないかと思いました。そこで『焼き網』のご紹介です!?

Dscf2169
見ずらいのですが、『海中記』という本の8月のページの上に置いてみました。
あまりに毎日暑いので焼き網料理は冬に、とも思いますが夏でもキャンプ
などでバーベキューをする時には使えそうです。左下に小さな文字で[調理例/
スルメ・ししゃも・えび・干物・のり・貝・たらこ・もち・おにぎり・きのこ類・じゃが
いも・とうもろこし・なす・油あげetc]と書かれています。写真と説明を見ていると
暑さの汗を忘れて、よだれが出そうです。

*幅:31.7cm/縦:21.0cm/材質:鉄・銅メッキ加工・クリアー仕上げ/
新潟県燕市・日本製

今日の故事・ことわざ

*夏炉冬扇(Karo tousen)
意味:夏の火鉢と冬の扇のこと。火鉢は冬の寒いときに使い、うちわは、夏の
暑いときに用をなすものであるから、どちらもこの時期には無用のものである。
<論衡(ろんこう)>

用法:季節はずれで役に立たないものや、無用な技芸・言論のたとえとして
用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文鎮:2011.08.08

cancer 文鎮

先日に続いて文鎮ですが、これもいつどこで出会ったのかわかりません。

Dscf2168
各パーツがシンプルにデザインされて、可愛い顔をしています。

Dscf2167
脚の部分も線ではなく面で表現しているのだと思いながら、よく見ると文字ら
しき物が刻まれているではありませんか。今まで全く気が付きませんでした。
右はすぐ『木』と読めました。とすると左は・・・『啄』?!そこで初めて『啄木
だとわかりました。石川啄木(歌人/1886~1912)は岩手の生まれで、
岩手は南部鉄器の産地なのでその二つが今日繋がったのでした。

*幅:8.5cm/縦:5.0cm

今日の故事・ことわざ

*鉄心石腸(Tetsushin sekityo)
意味:鉄のように堅い心と、石のようにがっしりしたはらわたという意。
<蘇軾(そしょく) 詩>

用法:きわめて強固な精神や意志をたとえるときに用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボールペン:2011.08.07

cancer ボールペン

昨日紹介の文鎮に鉛筆を乗せて写真を撮ろうと思い、引き出しの中を探して
いてこのペンを見つけました。あまりに昔のことで、どこでいつ発見したのか
わかりません。昔と言っても子供時代ではありません。

Dscf2166
日本にはこの種の飾り付きボールペンが沢山ありますが、カニ付きはめずらし
いと思います。卵の上を押して閉じるとペン先が出ます。卵とカニの組み合わ
せは不思議ですが、よくできています。
ペン軸にまでカニ柄がついて、まるで私がオーダーした一品のようです!
このような飾り付きペンは子供用かと思っていましたが、高校生はもちろん
大人でも使っている人が結構いるのは、日本独自なのではないでしょうか。
『可愛い!』が沢山ある国の付加価値商品です。

Dscf2165
これが昨日予定した構図です。このボールペンは使わずに置いてあったので
ほぼインクが出ず、付加価値部分だけが価値のものになってしまいました。

*長さ:16.2cm(卵を閉じた時)/17.2cm(開いた時)/日本製

今日の故事・ことわざ

*ペンは剣よりも強し(Pen wa ken yorimo tsuyoshi)
意味:文字で表される思想の力は大きい影響を人々に与え、武力より大きい
力を発揮する。<西洋のことわざ>

英語:The pen is mightier than the sword.

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文鎮:2011.08.06

cancer 文鎮

文鎮といってよいのか、筆置きというのかわかりません。

Dscf2164
何かを威嚇しているような、あるいは持ち上げているようなポーズをしています。
鉄製でずっしりとした重さがあり、「書道道具」売り場で発見したと思います。
「一挙両得」、「一石二鳥」と言う言葉が好きなので、文鎮として使いながら、
ペンを置けるカニがあるとは素晴らしい!!
カニがウェイト・リフティングをして赤くなったような風情です。

*幅:6.0cm/縦:4.0cm

今日の故事・ことわざ

*怒れる拳笑顔に当たらず(Ikareru kobushi egao ni atarazu)
意味:かっとなってふりあげた拳も、相手が笑顔をしていたのではふりおろ
せない。

用法:おだやかに事を収めようとする者の賢さをたたえるときなどに用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スリッパ:2011.08.05

cancer スリッパ

ずいぶん前の誕生日に友人から頂いた、美しいスリッパです。

Dscf2162
和布貼り絵のカニ柄、紺色、甲の内側はタオル地、足を乗せる部分は畳地、
そしてその畳の香りと本当に美しいので、とても使うことはできません。
もし使っていたら、写真でご紹介することもできなくなっていたでしょう。
見ているだけですがすがしく、惚れ惚れしてしまうスリッパもめずらしい!
タグに「藍の里」と書かれていますが、どこで作られたのかはわかりません。

Dscf2163
和の物の良さが十分わかる年になりました。

*長さ:25.5cm/幅:8.7cm/日本製

今日の故事・ことわざ

*足を知らずして履を為る(Ashi wo sirazushite kutsu wo tsukuru)
意味:人の足の大きさはだいたい一定しているから、いちいち足の大きさを
知らなくても、くつを作れる。同類のものは性質もみな似たようなものだと
いうたとえ。<孟子>

用法:人の本性にはあまり変りはないの意味で使われる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浮世絵展葉書:2011.08.04

cancer 浮世絵展葉書:2011.07.30

友人から届いた『歌川国芳展』葉書の暑中見舞いです。没後150年展が
静岡市立美術館で8月末まで開催されているそうです。

Dscf2160
国芳の浮世絵にはユーモアがあり好きで、展覧会へ行ったことがありますが
このカニのいる絵は見たことがありませんでした。題は「東都首尾の松之図」。
遠近法で書かれているにしてもカニの大きさが特大で、構図も変っています。
正面、上からは見たことがありますが、横からのカニの図は初めてです。
このブログを見て絵葉書を美術展で探し、送ってくれた友人に感謝!!

Dscf2161
猫好きの人にお便りする為に「東京国立博物館蔵」の猫の図柄の葉書を
ずいぶん前に買いました。(下左:猫の涼み、下右:金魚づくしの内)

*歌川国芳(Utagawa  Kuniyoshi/1797-1861)江戸時代

今日の故事・ことわざ

*浮世の苦楽は壁一重(Ukiyo no kuraku wa kabe hitoe)
意味:人生の苦楽は常に移り変わって一定でないから、苦しみのときでも悲観
せず、楽しみのときでも楽観ばかりせず、いつも油断をしないで、勤勉にはげ
めという教え。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栓抜:2011.08.03

cancer 栓抜:1995.11.28

どこで買ったのかはわかりませんが、紙箱に購入日が書かれていました。
南部鉄の栓抜です。

Dscf2158
箱の裏に『伝統工芸南部鉄器について』の説明が次のように書かれています。
「南部鋳鉄工芸は奥州平泉に華やかな文化を残した藤原氏の全盛時代に
創製されたと伝えられ800余年の永い伝統工芸として・・・近代に於て更に
秀れたデザインと巧みな技法により素朴さの中にも新しい感覚を取り入れ
存在の地味な鉄を現代生活にマッチする器として・・・」。

先日世界遺産に選ばれた“平泉”“地味な鉄”と言う言葉が記憶に残り、
このカニを基にした面白いデザインが目に付きました。
左右対称にするためとはいえ、栓抜が2つあるのはめずらしいと思います。

Dscf2159
昔の形にもすばらしいものがたくさんあると思いますが、伝統工芸にも
新たなデザイン性が求められています。

*幅:11.3cm/縦:3.8cm/¥350

今日の故事・ことわざ

*心は二つ身は一つ(Kokoro wa futatsu mi wa hitotsu)
意味:あれもこれもと二つのことを同時に望んでもからだは一つでどうにも
ならない。

用法:望むことが多くて、どちらにするか思い迷うときのやり切れない気持ちを
言うとき用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]      ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

切手:2011.08.02

cancer 切手:2011.08.01

友人から昨日届いた暑中見舞いの葉書には、ありがたいことに「かに」(40円)
と「いせえび」(10円)の切手が貼られています。

Dscf2155
額面を見てわかるように2枚ともかなり前に発行された物です。

Dscf2154
カニは1988年の「ふみの日」の切手です。日本ではめずらしくカニが図案に
なったので沢山買っておきました。ふみの日の図案は一般募集もあり、
これも子供の絵が使われたのだと思います。手紙を持ったカニがのびのびと
描かれ、とても好きな切手です。

以前はカニに限らず、郵便局で貰った記念切手発売日リストを確認してほぼ
すべての記念切手を使う目的で買っていましたが、あまりに発行数が増え
図案も以前ほど気に入った物がなくなったので、郵便局へ行った時に気に
入った図柄があれば、1シートではない物があるか聞いて買っています。
好きな枚数だけ切ると言われるのですが、偶然に何枚か残っていれば買う
ようにしています。
1シートの物を初めて使うときはちょっとためらいますが、すでに使い始めて
あれば季節などに合わせていつでも使うことができます。それでもこれほど
古い切手を使うときは躊躇しますからカードを送っていただいた事と、この
切手を貼って下さったことに感謝!!

今日の故事・ことわざ

*好物に祟りなし(Kobutsu ni tatari nashi)
意味:好きな食べ物は、いくら食べすぎても案外からだに害はないものだ。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍋敷:2011.08.01

cancer 鍋敷

今までに幾つかの鍋敷をご紹介しましたが、ついに“”が出ました!!
台紙に『遊び心と実用性がドッキング!!丈夫で楽しいキャラクタータイプ。』と
書かれています。他にどのようなデザインがあるのかも気になるところです。

Dscf2156
デパートのシールが張られていますが、いつ・誰が・何県で買ったものかは
わかりません。<カニ型>と書かれているのでわかりますが、かなりデフォルメ
され、仮面ライダー風です。

*幅:17.5cm/縦:16.2cm/新潟・日本製

今日の故事・ことわざ

*金時の火事見舞い(Kintoki no kaji mimai)
意味:「金時」は坂田金時(さかたのきんとき)のことで、五月人形で飾られる
金太郎をさす。金時が火事の見舞いに行ってきたようだというたとえ。

用法:酒などを飲んで、真っ赤な顔になった状態をさして用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »