« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

久留米の写真2:2012.04.30

cancer 久留米の写真 2:2000.03.04

1週間の久留米滞在中に2度ここで夕食を頂きました。

Dscf2885
2000年以前の出張で魚好きのフランス女性と行き、おいしかったので記憶を
辿りながら再訪しました。
カニの絵に惹かれたのではなく、大きなガラスケースの中の食品見本がとても
食欲を誘ったのを覚えています。今もまだ同じ所にあるでしょうか?

今日の故事・ことわざ

*健啖(Ken tan)
意味:「健」は多いの意。「啖」は食うこと。食事の量が大変に多いことを言う。
    <世説新語(せせつしんご)

用法:よく食べ、よく話し、よく動く人を評して「健啖家」と言い、大飯食らいの
    人をさして用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

Dscf2883

Dscf2882
camera本日16時50分:昨日買い物途中に見つけ、今日カメラ持参で遠回りして
            撮影しました。去年の夏、自転車で初めて通った道の
            道路工事現場にクマの形がずらーっと並んでいるのを
            見た時にカメラがなかったことを残念に思っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポスト・カード:2012.04.29

cancer ポスト・カード:1999.07.11

G.W.が始まり、お天気も良いので今日今年初めて半袖を着たという人をテレビ
で見ました。それでこんなカードですsign02

Dscf2877
その頃の自宅と仕事先途中の池袋“東急ハンズ”で発見した物です。

今日スーパーの日用品売り場で沢山のござ・グッズや、日よけシートが並べら
れているのを見ました。ついこの間までは湯たんぽやひざ掛けでしたが、暖か
い日差しがうれしかった季節から、その日差しをよける季節へと変わりつつ
あるのですね。sun

Dscf2878
まぶしいほどにフルセットがあります・・・。

*5枚入り/¥200

今日の故事・ことわざ

*我が身を抓って人の痛さを知れ(Waga mi o tsunette,hito no itasa o shire)
意味:自分が痛いと感じることは、他人も痛いと感じるものである。何事でも、
    自分の身に置きかえて、他人のことを考えるのがよい。

用法:自分中心になることを戒め、思いやりの心をもつように諭することばと
    して広く用いられる。

英語:What you dislike for yourself not like for me.
   (あなたにとってきらいなものは私にとってもきらいだ)

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久留米の写真:2012.04.28

cancer 久留米の写真:2000.03.03

金沢・八王子の写真をすでにご紹介しましたが、その3週間の出張の最後が
久留米でした。桜には早い季節でしたが、川沿いの散歩で見つけた標識です。

Dscf2876
出張でいろいろな所へ行きましたが、身近に水辺のある所はホッとします。
そしてそこに空き缶やゴミがないのが、美しい景色をひきたたせる人にできる
最低のマナーだと思います。

今日の故事・ことわざ

*捨てる神あれば拾う神あり(Suteru kami areba hirou kami ari)
意味:世間は広いから、見捨てる人があるかと思えば、また一方では助けて
    親切にしてくれる人もいる。

用法:あまり思いつめず、くよくよせずに気を長くして待っていれば、いつかは
    幸運にめぐり合うだろうという意味で用いる。

英語:When one door shuts,another opens.
    (一つのドアを閉じれば一つのドアが開く)

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カップ:2012.04.27

cancer カップ

いったい、いつのことだったのか、もう30年位前になるでしょうか?
友人と待ち合わせたデパートで、白い食器にプリントできる売り場があり、
そこで待ち合わせ前に作ったカップです。

Dscf2873
選べるほどカニ柄はなかったと思いますし、なぜリンゴを挟んでいるのか
不思議に思ったことを覚えています。

好きな文字を入れることができたので、フランス語で誕生日を入れたマイ・カップ
を作ろうと思ったのですが、この頃はつづりがわかりませんでした。bearing
今考えてもよく気づいたと思いますが、まず本売り場へ行き「和仏辞典」で
調べて図柄を仕上げることができました。裏側にはアルファベットで水平に
名前も入れて、完全オリジナルの出来上がりです。cafe

電子レンジのようなもので柄を焼き付け、その日のうちに持ち帰ったのか
後日受け取りに行ったのかはもう覚えていませんが、そのデパートへは
その前後ほとんど行くことがなかったので、印象に残っています。
それに何より今年3月28日御紹介の注文スタンプかこのカップが私の
“カニ・グッズ”第1号なのでより記憶に残っているのだと思います。

*上部直径:7.5cm/高さ:6.8cm

今日の故事・ことわざ

*一字の師(Ichi-ji no shi)
意味:詩や文章について、適当でないところを指摘し、わずか一字でその詩や
    文章が生きもし死にもするような肝心のところを直してくれた人を尊敬し
    て言うことば。<唐詩紀事(とうしきじ)

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポスト・カード:2012.04.26

cancer ポスト・カード:2001.07.04

ファッション・トレンドによると今年の春/夏の流行色はパステル・カラーだそうです。

Dscf2870
そのトレンドが発表されるずっと前に浅草橋で発見したカードです。
先日のカードもパステルでめずらしいと思いましたが、ここにもありました。
暑中見舞いというよりは、春の便りのような配色です。

Dscf2871
高級なカニがこんなに沢山sign01’08年夏に1枚投函して7枚残っています。

*8枚入り/¥200→140

今日の故事・ことわざ

*立錐の地無し(Rittsui no chi nashi)
意味:「立錐」は「きり」を立てること。細いきりを突き立てるすき間もないほど、
    人が大勢集まって混雑している状態をいう。<史記>

用法:客席が満員で、人ひとりが立ち入るような余地もないくらいぎっしりと
    詰まった状態を言うときに用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八王子の写真:2012.04.25

cancer 八王子の写真:2000.02.23

先日金沢の写真をご紹介しましたが、その続きの出張で八王子へ行き、
滞在したホテルでの朝食時に見つけて撮った1枚です。camera

Dscf2868
朝は閉店していた和食レストランの前に積み上げられたお酒の樽です。
中左の「澤乃井」の樽にさかずきと同じ“丸にカニ”の図柄がありました。

Dscf2869
八王子へは出張で何度か行きましたが、行くことがなくなってから駅前の様子
も大きく変わったことをニュースなどで見ました。
以前そこに何があったか知らない、覚えていない人も結構いるでしょうね。

今日の故事・ことわざ

*空樽は音が高い(Kara-daru wa oto ga takai)
意味:空っぽの樽をたたくと高い音がするように、軽薄で中身のない人は
    ぺらぺらとよくしゃべるものだ。

英語:Empty vessels make the most noise.
        (空の容器がいちばんさわがしい音を出す)

    The worst wheel always creaks most.
    (最も悪い車がいつも、いちばんキーキー音をたてる)

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポスト・カード:2012.04.24

cancer ポスト・カード:2001.07.17

今日は昨日までとうって変わって、気温がぐんと上がりました。西日本では
30度を越す夏日を記録したところもあったそうで、今から電力不足が予測
される夏が思いやられます。

クーラーを使わない私は毎年ベランダにグリーン・カーテンという植物による
日差し対策をしたいと思いつつ、植える時期を逸しています。

他にも電気を使わない対策はいろいろ考えられそうです。

Dscf2862
こんな夏用ではめずらしいパステル・カラー の涼しげなカードを送るのは
いかがでしょうか?

Dscf2863
3枚入りがそのまま残っています。

Dscf2864
左上にピンクの小さーなカニが描かれていたので、選びました。

*3枚入り/¥200→50

今日の故事・ことわざ

*磯の鮑の片思い(Iso no awabi no kataomoi)
意味:鮑が片貝であることから、当方ばかり恋いこがれて、先方はなんとも
    思っていないことのたとえ。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

Dscf2865
pisces本日16時52分:近くの幼稚園に先日上げられた鯉のぼり。風になびく
            のを待ちましたが、わずかに動くだけでした。

Dscf2866
bud本日16時54分:コンクリートの隙間に1本だけだと“根性”を感じますが、
            これだけあると「草取りしなきゃ」と思ってしまいます。
            本来、すべての動植物には“根性”がありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キーホルダー:2012.04.23

cancer キーホルダー

これが最後の“カニ・キーホルダー”となりました。

Dscf2861
“OKINAWA”のプレート付きで、シールには“ステンド・キーホルダー”と書かれ
ています。サーフ・ボードを抱えた沖縄らしいデザインです。

このところ雨が降ったり肌寒い日が続いていますが、近くの幼稚園などには
鯉のぼりが飾られていますし、連休も間近、それに明日は今日より10度近くも
気温が上がるそうですから、そろそろこのカニの出番です。

まずは気温差による体調管理に気をつけて、GO!!run

*カニ部分の縦:3.0cm/横:5.5cm

今日の故事・ことわざ

*浮き沈み七度(Uki shizumi nana-tabi)
意味:人の一生には、何回もの浮き沈みがあるもので、人生は決して安定した
    ものではない。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金沢の写真2:2012.04.22

cancer 小松空港の写真:2000.02.22

先日金沢の百貨店で見つけたゲーム機をご紹介しましたが、その金沢を出発
する日に空港で発見した食事処の“のぼり”です。

Dscf2859
この時はおすすめの『かに丼』ではない和食を他で食べたと思います。

『限定品』というのは数量なのか、メニューなのかわかりませんが、ちょっと
心が動く言葉です。

以前、何かのついでにネットでのぼりの価格を見たことがあります。もちろん
何種類かカニのものもありましたが、お店を開く予定もなく、他の使い道も
思いつかないので見るだけにしておきました。

今日の故事・ことわざ

*花より団子(Hana yori dango)
意味:目を楽しませてくれる花よりも、腹を満たしてくれる団子の方がありが
    たいという意味で、風流なことよりも実際に利益になる方を選ぶことの
    たとえ。

英語:Bread is better than the songs of birds.
     (パンは鳥のさえずりよりよい)

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シール:2012.04.21

cancer シール:2012.04.20

友人から昨日届いた手紙に同封されていた2種類のシールです。lovely

Dscf2858
銀座・伊東屋で発見したそうです。台紙裏の英文説明によると、このSea Lifeと
いうシールはアメリカ・カリフォルニア製で、日本でも流行っている『スクラップ
ブッキング』などで有名な女性のプロデュース製品でした。
スタンプもそうでしたが、海外のカニ図案では正面のものをよく見ます。

動物の鳴き声表現が各国で違うように、イラストも違いがあって面白いです。

今日の故事・ことわざ

*理屈と膏薬はどこへでもつく(Rikutsu to koyaku wa dokohedemo tsuku)
意味:膏薬は人体のどこにでもよくつくように、理屈はつけ方次第で、どんなこと
    にも一応のもっともらしい理屈がつくものだ、という意味。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キーホルダー:2012.04.20

cancer キーホルダー

革製に続き、こちらも最後の水入りキーホルダーです。

Dscf2856
これにも水の中に貝とラメが入っています。

Dscf2857
水がにごってしまった貝型も合わせて5個ありました。

*縦:4.0cm/横:6.2cm

今日の故事・ことわざ

*上手の手から水が洩れる(Jozu no te kara mizu ga moreru)
意味:いかなる名人、達人といえども、時には失敗することがあるという意。

用法:ものごとに手なれてうまくやれる人が、思わぬしくじりをしたときなどに、
    まわりの者が弁護する気持ちで言うときのことばである。

英語:A good marksman may miss.
    (うまい射手も失敗する)

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポスト・カード:2012.04.19

cancer ポスト・カード

手紙を書くことは少ないけれど、もらうとうれしい人は多いようです。
今ではネット経由で年賀状を出したり手紙を送ったりできますが、私は送る人
を思いながらカードを選び、そのカードや季節に合った切手を選んで送るのが
好きです。

Dscf2854
カニ柄のカードは夏以外では自分の趣味で送ることになるので、出番があまり
ありません。ずいぶん前からあるこのカードも5枚セットがそのまま残っています。

Dscf2855
皺のある紙質とイラストがよく合っているカードなのですが、まだ未使用とは・・。
カニのカードは沢山残っているというのに、先日、猫を飼っている叔母へのカード
をを選んだ時は、ほとんどの猫カードがすでに送り済みで初めてのものを選ぶ
のが大変でした。

*5枚入り/伊東屋/¥200

今日の故事・ことわざ

*二兎を追うものは一兎をも得ず(Nito o ou-mono wa,itto omo ezu)
意味:二羽の兎を捕らえようと欲張る者は、そのどちらもつかまえられずに
    徒労に終ってしまう。<西洋のことわざ>

用法:同時に多くの事をしようと欲を出すと、かえって損をしてしまうぞと、欲張
    る気持ちを戒めて用いる。

英語:He that grasps too much holds nothing.
    (たくさんつかむものは何もつかまない)

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金沢の写真:2012.04.18

cancer 金沢の写真:2000.02.19

初めて出張で金沢へ行った時、百貨店の最上階にめずらしいゲーム機を
見つけました。

Dscf2853
『カニさんのまんぷくだあ!』というどんなゲームだかわからないような名前。
お昼休みでしたが、試すことなく写真を撮っただけでした。

12年も前のことですが、成田→羽田→金沢の空港→空港バスで市内へと
移動し、クタクタになって雪振る夜の金沢へ到着したことを覚えています。
このときも1週間雪が降り続きましたが、今年の積雪はもっと多かったようで
春の到来を一層待ちわびていたことでしょう。

この時はゲームもしませんでしたが、カニを食べた記憶もありません。bearing

今日の故事・ことわざ

*傍目八目(Okame hachi-moku)
意味:囲碁のことば。対局を近くで見ている者は、碁を打っている者より、八目も
    先まで見通せるということ。対局者同士が意外に気づかぬ失策も、第三
    者の目からは、案外よく見えるものである。

用法:冷静さを失っている当事者より、利害関係のない傍観者のほうが、はる
   かに物事の真相や理非曲直がよくわかるというような場合に用いられる。

英語:Lookers-on see most of the game.
    (傍観者のほうが物事をよく見る)

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キーホルダー:2012.04.17

cancer キーホルダー

これが最後の革製キーホルダーです。どこで発見したのかはわかりません。

Dscf2851
これにも自虐的な"I'm fresh"が甲羅に刻まれています。食べてくれと言わん
ばかり。それに片目の“×”は何でしょう?ウインクでもなさそうです。

Dscf2852
立体で革製のカニ・キーホルダーが9個ありました。

*縦:4.0cm/横:4.5cm

今日の故事・ことわざ

*自業自得(Jigo jitoku)
意味:自分の行った悪行によって、みずからその報いを受けること。
   <正法念経(しょうほうねんぎょう)

英語:As you sow you shall reap.
   (蒔いたとおりに刈らねばならぬ)

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

Dscf2849
  bud先週の土曜日14日は雨だったので、近くのスーパーへ歩いて買い物に
   行き発見しました。自転車では通らない建物とレンガの地面の境目で
   金魚草がきれいな花を咲かせていました。その日はカメラを持っていな
   かったので、今日もう一度行ってきました。bud

Dscf2850
  こちらは“さざんか”でしょうか。咲いているところも散りかけもきれいだと
  思いながら自転車で横を通っていましたが、今日はカメラがあるので写真
  を撮っていると、「真ん中で止まってるの!?」と自転車に乗ったおばあさんに
  声を掛けられました。すいません、止まっている訳ではないんですけど・・・。
  めったに人が通らない細い道なので油断していました。この年代の方は
  声を掛けてくれるだけありがたいです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポスト・カード:2012.04.16

cancer ポスト・カード

“水辺にカニ”という、よくあるイメージどおりのカードです。

Dscf2847
罫線付きなので、いつものように鉛筆で薄く線を引く必要もありません。

Dscf2848
1998年の夏以降、4枚投函して残り4枚。右下の1枚は、すでにご紹介済み
の同じような図柄のカードです。

*8枚入り/¥200

今日の故事・ことわざ

*流れ川に大魚なし(Nagare-gawa ni taigyo nashi)
意味:大魚は深い川にいて、浅い川の流れには住まない。実力のある有能な
    人物が活躍するためには、活動の場にふさわしい大きな舞台が必要だ
    というたとえ。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

Dscf2846
  bud本日15時51分、買い物先の自転車置き場でコンクリートの隙間に
   タンポポ発見。春を待っていたのでしょう。通路には毎年燕が巣を作り、
   落下防止用のダンボールが下げられ、燕新聞も張られています。bud

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島の写真2:2012.04.15

cancer 広島の写真2:1999.08.30

4日前に広島の看板をご紹介しましたが、その翌日仕事の合間に訪ねた
広島城で見つけ、思わず写真を撮りました。

Dscf2845
お堀があったからでしょうか、こんなところにカニがいました!
私は“赤”と思い込んでいますが、本物は黒に近い色です。茹でると“”くなる
んですね。

沢山のカニを見ますが、テレビ以外で本物を見ることはめったにありません。

今日の故事・ことわざ

*女のえくぼには城も傾く(Onna no ekubo niwa shiro mo katamuku)
意味:城主が女の魅力にとりつかれ、女の機嫌取りにばかり心を費やし、
    国政をも忘れ、ついに国を滅ぼす結果を招いてしまったことをいう。
    <漢書>

用法:女の魅力は、恐ろしく強いものであるから、十分に警戒せよという
    戒めのことばに用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キーホルダー:2012.04.14

cancer キーホルダー

今年1月29日の色違いで、こちらには“TOKYO”のプレートが付いています。

Dscf2842

これは銅色ですが、もう一つはいぶし金(下・左)でした。

Dscf2844
色は違ってもそれぞれのパーツの並び順は同じです。日本らしいと言うか、
きちっとマニュアルがあるのかもしれません。

*輪の直径:3.7cm

今日の故事・ことわざ

*井の中の蛙大海を知らず(I no naka no kawazu, taikai o shirazu)
意味:狭い井戸の中に住んでいる蛙は、井戸の中のことだけしか知らず、
    広い大海を知らない。

用法:自分のせまい知識や片寄った見方にとらわれて、他にもっともっと広い
    世界があることを知らない人に対して、嘲笑したり、たしなめたりする
    場合に用いることば。

英語:He who has in hell knows not what heaven.
   (地獄にいる者は天国が何だか分からない)

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポスト・カード:2012.04.13

cancer ポスト・カード:1997.07.21

今日の日中は暖かく、上着なしの人も結構いました。ついこの間まで寒かった
のに桜が咲き、散って季節がめぐっていきます。
もう少しで暑中カードの図柄にも違和感がなくなるかと、このカードを選びました。

Dscf2840
「笹とカニ」、15年も前に銀座・伊東屋で発見した手刷りのカードです。

Dscf2841
こんなにきれいなカードはなかなか使えず、5枚すべてが残っていましたcoldsweats01
季節はめぐっても夏は1年に1回、機会を逃さず使わないとまた何年もあっと
いう間に過ぎてしまいます。

*5枚入り/手刷り/¥300

今日の故事・ことわざ

*良禽は木を見て棲む(Ryoukin wa ki wo mite sumu)
意味:よい鳥はとまり木の枝ぶりなどをよく確かめてから宿り、よくない木には
    すみつかない。才能にすぐれた者は、りっぱな主君をみつけて仕える
    ものだ、というたとえ。<三国志>

英語:Be slow in choosing a friend.
     (友はゆっくりと選ぶもの)

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キーホルダー:2012.04.12

cancer キーホルダー

「鬼怒川温泉」のタグが付いた2色の目をしたカニです。

Dscf2835
出張も旅行でも行ったことがないので、どなたかからのお土産かもしれません。

Dscf2836
今年3月18日にご紹介した「浜名湖」タグ付きの金と銀の2つが揃いました。

Dscf2837
どれも目の色が違う4つです。

*カニ部分 縦:5.7cm/横:2.6cm

今日の故事・ことわざ

*目から鼻に抜ける(Me kara hana ni nukeru)
意味:優れて賢いこと。何事もぬけめがなく、機敏なことのたとえ。

≪参考≫「目から耳へ抜ける」となると、頭の中に何も残らないの意味。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島の写真:2012.04.11

cancer 広島の写真:1999.08.29

広島へは出張で数回行きました。この写真は何回目か忘れましたが、スタッフ
と“お好み焼き”を食べた夜に商店街で見つけた看板だったと思います。

Dscf2832
看板だけ見ると大阪かと思ってしまいますが、幸い裏にメモが書かれていまし
た。看板なのに“のれん”と書いてありますが、このすっきりした色使い、きれ
いです!

今日の故事・ことわざ

*暖簾に腕押し(Noren ni ude-oshi)
意味:暖簾に腕押ししても、すこしも手ごたえがない。反応がない、張り合いが
    ないことのたとえ。

用法:ぬらりくらりといっこうに要領を得ない相手、またいっこうにこちらの意見を
    入れて態度を改めようとしない相手のようすなどに、もどかしい気持ち、
    あきらめの気持ちを含んで用いる。がんとして応じないような強い相手の
    場合には用いない。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

Dscf2833
   cherryblossom今日の桜:今年もこんな日が来ることは分かっていましたが、昨日
     と違って桜色に染まった地面はきれいなような、寂しいような・・・cherryblossom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キーホルダー:2012.04.10

cancer キーホルダー

昨年12月1日と同じものです。どちらもどこで発見したのかわかりませんが、
赤く透明なビー玉のような甲羅部分がきれいです。

Dscf2830
両方とも赤というのは偶然なのか、赤しか作られていないのかは疑問ですが
立体的でおもしろいデザインです。

Dscf2831
何か音がすると思ったら、前回のものには鈴がついていました。bellということは
同じ所で作られたのではないのでしょうか?こういうものも海外で作られている
のかもしれません。パッケージも違います。

*縦:3.2cm/横:4.8cm

今日の故事・ことわざ

*瓦も磨けば玉となる(Kawara mo migakeba tama to naru)
意味:どんなりっぱな宝石でも、せっせとみがかなければ光も出ないが、反対に
    つまらない瓦でも、みがけば美しい光を放つようになり、みがかない
    玉よりもりっぱになる。

用法:「氏より育ち」と言われるように、生まれつき愚かな者でも、努力して
    学べばすぐれた人になれるという教えとして用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポスト・カード:2012.04.09

cancer ポスト・カード

先週末に東京の桜は満開宣言が出たばかりですが、今日の風にもう花びらが
舞い始めました。
それにこじつけてこのカードを選びました。

Dscf2827
椰子の実が頭上に落ちてくるよりは花びらの方がずっと良いですが、桜が散る
のには特別な思いが感じられます。

Dscf2828
’93年以降2枚投函して残り4枚ありました。 このように漫画風からデザイン
された絵、リアルタイプといろいろなカニの絵があるものですsign03

*6枚入り/¥150

今日の故事・ことわざ

*棚から牡丹餅(Tana kara bota-mochi)
意味:何もしないでいて、棚からぼたもちが落ちてくるように、思いがけない
    幸運がめぐってくることのたとえ。

用法:「たなぼた式」などということばで用いられることが多い。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

Dscf2829         
            cherryblossom本日の桜:地面の花びらが見えるでしょうか?cherryblossom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高尾の写真:2012.04.08

cancer 高尾の写真:2012.04.07

昨日は用事があり5時半起きで高尾へ行きました。初めての高尾は桜もまだ
咲いていませんでしたし、車窓から見た山々は一部に残雪も残っていました。
同じ関東でも気温がずいぶん違います。

Dscf2820
用事を終えて駅へ向かう途中、学校の校庭にカニを見つけ写真を撮りました。
荷物が沢山あってうまく撮れず、小さいカニがまるで網にかかったように見え
ますが、校庭にカニが描かれているのはめずらしいと思います。
山に囲まれているからあえてそうしたのでしょうか?
目は穴で、右のはさみだけ青です。

次回はいつになるかわかりませんが、忘れずにこの道を通りベスト・ショットを
決めたいと思います。

今日の故事・ことわざ

*足下から鳥が立つ(Ashimoto kara tori ga tatsu)
意味:とつぜんに身近なところから変事が起こることで、急なできごとのために
    まごつくようすをいう。

用法:ひとり息子が急に外国へ行くと言いだしたときなど、「足下から鳥が立つ」
    ような知らせだと驚く状態をいう。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

Dscf2826
       cherryblossom本日の桜17時53分:夕焼けと重なってきれいでしたcherryblossom

Dscf2824
     bud本日夕方、スーパーの自転車置き場でたくましい草発見bud

Dscf2825
      草の2分後タンポポを発見し、迷った末に駐輪してもう1枚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポスト・カード:2012.04.07

cancer ポスト・カード:1999.07.11

「は~るのうらあらあの~note」と思わず口ずさむようなカードです。

Dscf2821
パッケージに「和紙風ワープロ対応」とあるように、紙質は和紙のような趣が
あるのですが、ワープロ対応だけあって薄くペラペラしているのが残念です。

Dscf2822
2枚投函し6枚残っています。和風を意識して1枚はフランスへ送っていました。
海外へ送る場合は封筒に入れるのでまだ良いのですが、カードは柄だけでは
なく紙質も選ぶポイントで、このような袋入りでは開封することもできません。

*8枚入り/TOKYU HANDS/¥200

今日の故事・ことわざ

*細き流れも大河となる(Hosoki nagare mo taiga to naru)
意味:わずかなものでも集まれば大きなものになるということで、小さな努力も、
    積み重なれば、やがては大成に通じることのたとえ。

用法:日々の努力の大切なことを説くことばとして用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キーホルダー:2012.04.06

cancer キーホルダー

“沖縄”のタグ付き、水色、砂入なので夏を思わせるのですが、「東京の桜満開
宣言」も出たことなので、こちらを選んでみました。

Dscf2805
砂だとばかり思っていましたが、拡大鏡で見ると砂は砂でも“星の砂
でした!沖縄のタグが付いている所以です。
中に水が入っているわけではなく樹脂で固めてあるので、砂は動きません。

*縦:2.5cm/横:4.0cm

今日の故事・ことわざ

*胸三寸に納む(Mune sanzun ni osamu)
意味:自分だけ心得ておいて、顔色に出したり、騒ぎだてたりしない、度量の
    大きいことを表すことば。

用法:特に心配ごとや悩みごと、またほかの人に知られたくない相談ごとなど
    に関して用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

Dscf2808
       cherryblossom今日の桜16時29分:東京同様ほぼ満開で美しい景色cherryblossom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

倉敷の写真:2012.04.05

cancer 倉敷の写真:1999.06.08

10~12歳は鳥取に住んでいましたが子供だったので旅をすることもあまり
なく、倉敷へは二十歳の頃に専門学校の旅行で初めて行きました。

Dscf2804
この写真はそれから数十年後、出張で行った時に民芸店の店先で見つけた
竹製のカニの飾りです。
自然の素材を生かした美しい仕上がりです。今思うとなぜお店に入らなかった
のかわかりませんが、竹の箸置きは沢山あってもこの飾りは写真だけです。

夜、今はない「チボリ公園」へ行ったのも思い出の一つです。

今日の故事・ことわざ

*矯むるなら若木のうち(Tamuru nara wakagi no uchi)
意味:木の枝の曲がっているのを直すなら、若木のうちがいい。人間もそれと
    同じで、悪い癖や性格を直すにはなるだけ若い時のほうがいい。

英語:Bend the willow while it is young.
       (柳は若いうちに曲げよ)

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

Dscf2802              
          cherryblossom本日の桜12時01分:日ごとに花開いていますcherryblossom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キーホルダー:2012.04.04

cancer キーホルダー

昨日の嵐にも負けず家の前の桜が咲き始めたので、思わずピンクを選びました。

Dscf2799
春へ向かって大急ぎで走っているような“Crab”と明記されたカニです。

Dscf2800
裏の金色面に“OKINAWA”とあるので、2度出張で行ったいずれかの時に
発見したのだと思います。

Dscf2801
以前ご紹介した色褪せた方(下)は黒ベースで、裏に“MATSUSHIMA”と書か
れている「同形別地名」でした。他にどこで出会えるのか・・・?

*カニ部分の縦:4.0cm/横:7.2cm

今日の故事・ことわざ

*瓜二つ(Uri futatsu)
意味:たいへんよく似かよっていることのたとえ。「瓜を二つに割ったよう」を
    略したことばである。

用法:AさんとBさんとは、まるで兄弟のようだ、と容姿のよく似ているときに
    用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

Dscf2798
           cherryblossom本日14時19分:家の前の咲き始めた桜 cherryblossom
毎年季節を忘れずに咲く花、開いたばかりで落ちてしまった桜を手帳に一つ
挿みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポスト・カード:2012.04.03

cancer ポスト・カード:1998.06.02

笹が描かれ夏らしさ満開です。切手位置に「季節抄」と書かれていますから、
やはり暑中見舞いのカードだと思いますが、残っているのは夏のものばかり。

Dscf2795
今日我が家の前の桜が咲き始めたところなのですが、強風は吹くしカードの
季節は先へ行ってしまいました。

Dscf2796
’98年購入なので郵便番号枠は7マス、2枚を夏投函していました。

*6枚入り/伊東屋/¥200

今日の故事・ことわざ

*桜は花に顕る(Sakura wa hana ni arawaru)
意味:花が咲くまでは、何の木だかわからなかったが、花が開いて初めて桜
    であることがわかったということ。

用法:ふだんは普通の人と少しも変わらないが、何かのときにすぐれた才能
    を現すことのたとえに用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

Dscf2797
                cherryblossom今日の家の前の桜cherryblossom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キーホルダー:2012.04.02

cancer キーホルダー

今年2月9日に続き2度目の登場ですが、こちらには“HOKKAIDO”のプレート
が付いています。

Dscf2792
1度だけ出張で行ったことはありますが、その時買ったのか覚えていません。

Dscf2793
我が家にて道産子とどこかのカニの出会い!toilet

Dscf2794
両方とも裏はレントゲン映像のような骨になっています。白金色も他には
あまりありなく、目の色も違うというめずらしい一つ、いえ二つです。

*縦:3.0cm/横:4.3cm

今日の故事・ことわざ

*目で見て口で言え(Me de mite kuchi de ie)
意味:目で実際に確かめてから口で言えということで、確かめもしないでみだり
    に口に出すことを戒めたことば。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新橋の写真:2012.04.01

cancer 新橋の写真:1999.02.20

めったにこの辺りへ行くことがありませんが、知り合いの個展会場へ行く途中
だったかもしれません。その為、幸いにカメラを持っていました。camera

Dscf2788
大阪のお店かと思いきや、カニの飾りがずいぶん小さい上に動きません。
この場所ですと、よく駅前でインタビューされているサラリーマンが宴会に利用
することが多いのでしょうか?
どんな食器やグッズがあるか、一人以上で行って是非見てみたいお店です。

今日の故事・ことわざ

*大同小異(Dai-do sho-i)
意味:大部分は同じで、すこしだけ異なるという意味で、たいしたちがいがなく、
    よく似ていることをいう。<荘子(そうじ)

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

Dscf2787
家の前の桜4月1日15時09分。蕾は大きくなりましたが、まだ咲いていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »