« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013.03.31:ボトル

key 87.ボトル

今年もすでに3ヶ月が過ぎ、明日からは4月。毎年同じことを言っていますが
それは自分の生活が大きく変わらないからだと思います。
この春から進学・就職をする人達にとっての日々は違って感じられたでしょうし、
今年の桜もちょっと特別な風景として記憶に残るのでしょうね。

それほど環境が変わらなくても、この季節を記憶にとどめようと“お花見”をする
方たちにとって,今年の開花が例外的に早かったことは予定外だったでしょう。

私は花の下で祝ったことは記憶にないのですが、関東ではこの週末までが
見頃だったのに、お花見には寒い週末になってしまいました。

お花見と言えばアルコールなどの飲み物を連想するので、今日はこちらです。

Dscf3372
これがどのような経緯で手元にあるのか定かではありませんし、よく見ると
アルコールではなくジンジャエールの瓶でした。

初めて飲んだのは30年以上も前にパリの友人宅を訪ねた時のこと。
『何それ・・・?』という感じでした。春より夏を想像する飲み物かもしれません。

Dscf3373
裏は何もない平面です。

*瓶の高さ:4.8cm
*Ce week-end etait au dernier momont de faire "Hana-mi" sous les fleurs
de cerisier.On mange et boit avec des amis.

ミルフィーユ:Millefeuille

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.26:桜色のクマ

key 86.桜色のクマ

忙しかったわけではないのですが、10日ぶりの更新となりました。その間、
あれよあれよと言う間に桜が開花し、先週末には満開になりました。
慌ててお花見をした方もいらっしゃるでしょうね。

さて、記録写真2枚目の最初はどれにしようかと探しましたが、春らしいものが
何もないので“色のワンピースを着た木製クマ”にしました。

Dscf3370
胸のところで両手を合わせ、目を閉じた何かロマンティックな印象のクマです。
桜は毎年この季節に落ちた花を手帳に貼っているのですが、今年は早々の
22日に拾い集め押し花にした3輪です。

その後もきれいに咲いたまま散った花を幾つか手帳に挿みました。今日は
停めていた自転車のかごにあったものをつぶさないように持ち帰りました。

1年かけて花を咲かせる準備をしたのに、咲いてしまうとあまりにも早く散って
しまうので少しだけでも形を残しておきたいのです。

Dscf3367
まだ4階の玄関を開けるとこの写真のように満開の花が目に飛び込んで
きますが、そのうち芝生の上が桜色の絨緞のようになります。

Dscf3371
金具がなければ立つのですが、やっと立った後ろ姿を写すことができました。
地上の桜を見る哀愁の後ろ姿・・・。

*身長:6.7cm
*La robe d'ours est une couleur de fleur de cerisier.

ミルフィーユ:Millefeuille

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.16:金色エッフェル塔

key 85.金色エッフェル塔

先日福岡から早い桜開花の知らせがあり、暖かくなってきた東京もその日が
近いと感じていましたが、ついに今日開花宣言がありました!cherryblossom

Dscf3360
私は福岡の友人から頂いたチケットで十数年ぶりに映画を観て来ました。
大きなスクリーンと音響設備で観る映画は、迫力がありあっという間の2時間
でした。slate


さて今日は昨年夏に銀色を紹介した、色違いの金のエッフェル塔です。

Dscf3359
これで1988.6.26の写真にあったものほぼ全てのご紹介が終わりました。
赤いランチョンマット2枚の上の左は海外、右は国内で見つけたものですが、
右中ほどにあるコインが光ってしまって見えず、未紹介。また暑い季節に
ここにはないビール・ジョッキをうっかり先行紹介してしまいました。

次回からは1990.11月の写真にあるものをご紹介します。

映画館もあっという間に十数年ご無沙汰、1枚目のキーホルダーの写真から
早や25年・・・。数字を聞くと時の流れを感じますが、ついこの間のことのよう
にも思えます。 去年見た桜のほうがずいぶん前だったような気もして
時の感覚は不思議です。Dscf3362
今日映画と買い物の後に見た満開の桜です。早咲きの“河津桜”でしょうか?
春の色です。heart01

*高さ:4.0cm/パリで購入
*Cette Tour Eiffel est un dernier porte-clefs de ma premiere photo en
  juin '88.

ミルフィーユ:Millefeuille

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.12:ピストル

key 84.ピストル

久し振りになりました。気がつくともう3月中旬。暖かくなったと思ったら、また
逆戻りするように寒くなったり。これは日本だけではないようで、先程パリに
住む方から『暖かくなったと思ったら、昨日から雪が降り結構積り始めた。
三寒四温とは良く言うものです。』とメールが届きました。snow

それでも数日暖かかった頃、近くのスーパー敷地内の河津桜がぱっと開花し
濃いピンク色の一角を作っています。暖かくなるのを待って寒い時も準備して
いたんですね。花が咲く直前に係りの人が提燈の様な飾りを付けていました
が、花はまだ先でしょうと思っていました。cherryblossom

Dscf3357
1週間後の20日は“春分の日”ですが、ピストルで『スタート!』というように
春が始まるのではなく、気がつくと小さな芽が出ていたり、花が咲いたり
半袖の人がいたりと小さな変化と共に季節が変わっていきます。

Dscf3358
小さいのですが、ケースからピストルを取り出すことができます。ケースの裏に
小さく目立たない文字で“HONG KONG”とありました。

*長さ:2.7cm
*Le pistolet que on peut sortir de sa caisse.

ミルフィーユ:Millefeuille

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.03:セーヌ河岸

key 83.セーヌ河岸

3月と聞くだけで春まじかと感じます。梅の花も咲き始めましたし、今日は
“雛祭り”です。

Dscf3350
千代紙や布で作られた3組の人形。奥の物は友人が教わりながら作り、ずいぶ
ん前にくれたいちばん古いお雛様で、他の2つはご近所の方の手作りです。
Dscf3351
こちらはいかにもお土産品というパリの風景です。セーヌ川に船が浮かび、
右端には女性が犬を連れて歩いています。
セーヌ河岸というとイメージするのが“カップル”なので、今日ご紹介すること
にします。

まだ寒い日もありますが、これから気温が高くなり桜の蕾がみるみるうちに
大きくなり、開花する日もそお遠くはなさそうです。

今日、南フランスの友人から久し振りに届いた”Printemps(春)”とタイトル
の付いたメールには、桜かと思ったアーモンドの花咲く樹の下での写真が
添付され「春が目ざめ、鳥が鳴く春です!」とありました。chick

*四角部分:3.0×2.7cm
*La fete des petites filles (Hina-matsuri) au 3 mars au Japon.

ミルフィーユ:Millefeuille

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013.03.01:鍵

key 82.鍵

今日からもう3月です!そして“春一番”も吹き、外に出ると空気がムーッとして
生暖かく感じられました。

新年度が近く、これから新生活を始める人も多い季節。そこで今日はこちら。
新たな人生の扉を開くと、こじつけました。

Dscf3348
何の瓶だかわかりませんが、鍵と何か関係があるのか・・・?周りに“CHIRON 
& CHOLEAU”、鍵先には“CHICHO”という略語文字。底部分の“ANGERS” 
はパリ南西に位置するロワール沿いの都市で、約30年前に私が語学留学した
懐かしい地名です。

Dscf3347
裏面(鍵先の文字が裏なので)にはペンギンが二匹。この名前がCHIRON
とCHOLEAUかもしれません。
今までもありましたが、何の宣伝で造られたのかいつか知りたいと思います。

明日はまた寒くなるそうです。暖かくなったと勘違いした桜も蕾を堅くしてしまう
かもしれませんが、春は確実に近づいています。cherryblossom

*鍵部分の長さ:5.5cm
*C'est une clef qui est la publicite de quelque chose en bouteille d'Angers.

ミルフィーユ:Millefeuille

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »