趣味

香立て:2012.07.11

cancer 香立て:2012.07.10

うれしい友達からの誕生日プレゼントです。旅先の京都でそれも電気店の
ウインドーで発見したそうです。お気遣いに感謝します。m(_ _)m

Dscf3074
ピカピカです。shineそして小さくて精巧です。

Dscf3075
同封のカードに“お香立て”と書いてあったのでよく見ると右のはさみにお香を
刺す穴がありました。左の銀色とは全く違うタイプで、2つになりました。

*縦:2.0cm/横:2.8cm/金属製

友人から届いたばかりの誕生日プレゼントのコインから2010年7月12日に
始めたこのブログも、何とか毎日更新して今日で2年となりました。
いつから、なぜ“カニ”を集め始めたのかよく聞かれますが、記録帖は’94年
から記載で、集め始めたのは20年もしくは30年くらい前からかもしれません。
なぜ?は単純に”蟹座”だからなのですが、どうして“干支”ではなかったの
かはわかりません。

思えば沢山の方たちが「こんなのあったよ!」とめずらしいカニ・グッズを
届けて下さいました。紹介させていただいたことで、記録からもれている物が
沢山あることも分かりましたし、久々に手にする物も多くありました。
同じ柄の食器などはどれを紹介したか分からないものもありますし、しまった
まま見つからない物もありますが、ある程度全体数を知ることもできました。

そこで初めと終わりを友人からの誕生日プレゼントで区切りを付けて、以降
は別のテーマで毎日ではなくても、少しづつ更新できればと思います。
ありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いいたしますsign03

Dscf3079
こじつけになったこともありますが、故事・ことわざを探した辞書2冊です。   

今日の故事・ことわざ

*始めあるものは終わりあり(Hajime aru mono wa owari ari)
意味:始めのあるものには、必ず終わりもある。この世には、いつまでも盛ん
    で滅びないというものはない。<楊子法言(ようしほうげん)

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリーティング・カード2:2012.07.10

cancer グリーティング・カード

今日は出しっぱなしになっていたアート関連の図案の本などを久々に見つけ、
何で買ったのかと不思議に思ったり、どこかにカニ・グッズが潜んでいないかと
積んであるきれいなお菓子の箱を覗いたりして、昔買ったカード類を思わぬ
ところで見つけました。

Dscf3071
こちらがそのカードですが、昨年10.21にすでに1枚を御紹介済みです。
あまりに時間が経ち過ぎて、もういくら振ってもキラキラ星が光ることもなく
なってしまった蟹座のカードでした。

ポスト・カードは保存版用ファイルと使用分を分けていますが、このようなカード
は使えるように一緒にしていたつもりでした。

Dscf3072
年をとるごとに、溜まったあるいは溜めた紙類ーレターセット、封筒、切手、
カードなどをもったいないなどと言わずどんどん使おうと思っているのですが、
きちんとまとまってなければ全体数がわかりません。
まず減らすことを考え、決して増やすことはないようにしているのですが、
世の中には可愛い、きれいな物が沢山あります。目だけを肥やすようにしたい
と今日も心に誓うのですが・・・。

*12星座グリーティングカード/¥1,000→200

今日の故事・ことわざ

*一筋縄で行かぬ(Hitosuji nawa de ikanu)
意味:一本の縄ぐらいではとても押さえつけられないということで、普通の
    やり方ではとても処理することができないこと。

用法:一癖も二癖もある相手にたとえて使う。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真カード:2012.07.09

cancer 写真カード:2012.07.09

一昨日旅先のキューバで見つけた木製カニを送ってくれた友人夫妻から、今日
別便で誕生祝いの自作写真カードが届きました。loveletter

Dscf3077
「またカニですが、これは高さ3mで滞在していた場所から18kmのところです」
と手紙に説明がありました。何でできているのか、何でここにあるのか分かりま
せんが、世界にはモワイ像やナスカの地上絵のように不思議なものが沢山あり
ますね。

今日の故事・ことわざ

*弱肉強食(Jyakuniku kyoshoku)
意味:力の弱いものが強いものにつかまって食べられてしまうことで、弱小な物
    が強大なものに征服されることを言う。

用法:世の中の一般的な風潮を評したもので、生存競争の激しい世相を言う
    ときに用いられる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カニの置物:2012.07.08

cancer カニの置物:2012.07.07

昨日の七夕は残念なことに雨模様でしたが、まるで星からのプレゼントのように
私の元に宅急便と手紙、国際小型包装物が届き気分は快晴でした。sun

Dscf3066

フランスの友人夫妻からきれいな海の切手付き封筒で届いた木製のカニです!

Dscf3065

彼らが少し前に滞在したキューバのお土産で、「12ピースをがんばって組み
立てて下さい」と箱にメモが貼られていました。各パーツがティッシュペーパー
に包まれ、一つずつ開くごとに脚が出てきてびっくり、途中でカニだとわかりま
した。ですが胴体を入れても全部で11ピースです。sign02

Dscf3068

最初は2枚目の写真のように平面的に脚を差し込んだのでぶつかってしまい、
それであのメモがあったのだろうと思っていましたが、はたと気づいて立体的
にしたところ上の写真のように3Dの生き生きとしたカニが仕上がりました。

ちょうど一昨日ビッグサイトの展示会で見た大きい方と同じくらいのサイズです。

同封のキューバ旅行のC.D.をこれから見ながら、このカニの故郷に想いを
はせたいと思います。

*幅:21.5cm/縦:11.2cm/木製

今日の故事・ことわざ

*圧巻(Attukan)
意味:最も優れた詩文、詩文中の傑作。また、作品や催し物などで最もすぐれ
    ている部分をいう。

用法:美術展ですばらしい作品を見たときなど、感慨深い気持ちを述べながら、
    「あの作品はこの美術展の圧巻である」というように用いる。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カニの置物:2012.07.07

cancer カニの置物:2012.07.06

昨日は最終日だったビッグサイトの「文具・紙製品展」の人混みを4時間ほど
かけてを歩き回り、疲れたのでそろそろ帰ろうかと思いながら同時開催の
「雑貨EXPO」まで足を延ばした時にインドネシア・ブースで発見しました。

Dscf3061
このサイズのカニが7~8個と5倍近く大きなのが1個、ガラスケースの上にあり
目に留まりました。以前見つけた金属性でこの大きさは2千円ぐらいだったの
で、あきらめる為に価格を聞いて安かったのでよーく比較して1つを選びました。
どれもはさみを高く上げて威嚇しているかのようです。pout

Dscf3063
販売の現地の方にインドネシアへ行ったことがあるというと「バリですか?」と
すぐに言われましたが「プロウスリーブ」というと、珍しいといわれました。
もう15年近く前のことです。その旅の写真とお土産の一部の写真です。

Dscf3064
手前が昨日の、奥2つがプロウスリーブの木製でお土産写真にあるものです。
3つのインドネシア生まれが久々の再会を日本でしました。

*幅:8.0cm/縦:6.8cm/金属製/¥500

今日の故事・ことわざ

*怒りは敵と思え(Ikari wa teki to omoe)
意味:怒りは身を破滅させるもとであるから、慎むことがたいせつである。
徳川家康の遺訓(死後にのこした教え)。

用法:怒りは必ず相手の反感や恨みをまねくもとになるから自重しなさいと
    戒めるときになどに使う。

英語:He overcomes a stout enemy who overcomes his own anger.
    (自分の怒りをおさえる者は、強い敵をもおさえる)

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

T-シャツ:2012.07.06

cancer T-シャツ:2000.06.13

これらが2010年12月末に紹介するはずだったT-シャツで、積んだままの
ダンボールの中から昨日やっと見つけました。sweat02

Dscf3058
こんなアメリカ風というか、エイリアン的な柄だったことはすっかり忘れていまし
た。以前都内に住んでいたときに近くのスーパーで発見し、安さと、色違いの
多さゆえに全5色6枚も購入し、グリーンの1枚を友人にプレゼントしました。

Dscf3059
長い間しまっていたのでかなり皺がついていますが、今日は久し振りに朝から
外出したので、その前に急いで写真を撮りました。

Dscf3060
顔はナマズにも似ています。

*メンズM4枚、L1枚/綿100%/中国製/¥315×6枚(1枚はプレゼント)

今日の故事・ことわざ

*袖すり合うも他生の縁(Sode suriau mo tasho no en)
意味:この世で同じ時期に生きているというだけでも因縁なのに、見知らぬ
    人でも、たまたま道で行きちがって袖がすり合ったとなれば、それは
    前世からの深い因縁によるものである。ちょっとしたことも、みな因縁
    にもとづくものだということ。

《参考》「他生」は、現世の生に対して前世・来生の生のことで、ここでは前世
     の生をさす。因縁は、いくつも経てきた生によって作られることから、
     「他生」よりも「多生」の方が正しいとする説もある。

英語:Even a chance acquaintance is decreed by destiny.
    (知り合いになる機会でさえも運命によって定められる)

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

封筒:2012.07.05

cancer 封筒

すでにカニ・グッズも出揃い最近は写真が続いていましたが、“カニ・アルバム”
ファイルにあった物が終わったので、久し振りに80年代以降のアルバムを見て
懐かしい写真を見ながらカニの写真を選んでいましたが、それもなくなったので
カニ記録帖に記録していながら見つからない物を探す為、引越し以来長い間
積み上げたままのダンボールを開けてみました。

このところ蒸し暑かったので、汗だくになりました。sweat01そして何年も着ていない
衣類を見て冷や汗sweat02が出ましたが、探していたT-シャツだけはやっと見つけ
出しました。風呂敷、タオルなどは見つからなかったのであきらめて紙類を
物色していて今度はこの封筒を見つけました。

Dscf3055
15枚をこうして並べるとなんだかわかりません。

Dscf3056
開いた表・裏を見ると手作り風の封筒だとわかります。光沢のある折り込み
広告ほどの厚さの紙で、裏は白です。3ヶ国語で品種が書かれポスターだった
のか、包装紙だったのかわかりませんが、原宿の雑貨店で見つけた時には
こんな物があるのか!とびっくりしました。かなり前のことですが、まだ使う
機会はありません。

Dscf3057
6柄全15枚の同じ2枚の表と裏を合わせると、当然のことながら柄がつながり
ます。他にも違う柄があったように思いますが、いったい何の紙を使っている
のでしょう?

昔パリの雑貨店で裏が地図の便箋を買ったことがあります。地図の切れ端を
使ったものであったような気がします。
先日テレビで見たケーキ屋さんは、以前破棄していた端を安く販売して人気
商品になったとのこと。販売する手間を考えると、破棄してしまうのでしょうか。
問屋街で「ご自由にお持ちください」と書かれたダンボールの中の商品を見つけ
たこともありました。工夫して使えるものは使いたいと思います。そして物は
増え続けます・・・。

今日の故事・ことわざ

*瓢箪から駒が出る(Hyotan kara koma ga deru)
意味:「駒」は馬のこと。まったくあり得るはずがないのに、意外なところから
    意外なものが出ることをたとえたことば。

用法:冗談で言ったことが本当に起こった場合などによく用いられる。

英語:Many a true word is spoken in Jest.
    (冗談の中に多くの真実のことばがある)

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はがきブック:2012.07.04

cancer はがきブック

10年以上前(そんなに経っていたとは!?)、友人から誕生祝いに頂いた品の
一つです。涼しげな暑中はがきですが、選んだのは2柄のうちの一つに小さな
カニが描かれているからに違いありません。

Dscf3054
この一冊に2柄各5枚が綴じられています。表紙は金魚鉢ではなく、笹の上の
和菓子です。そしてもう一柄も夏の和菓子柄です。

Dscf3052
確かに四季を表現した和菓子は本当に美しく、芸術品のようです。

Dscf3053_2
まさかカニの絵ではなく、私の食欲を考えて選んだのではとも思えてきました。

今日の故事・ことわざ

*故きを温ねて新しきを知る(Furuki o tazunete,atarashiki o shiru.)
意味:過ぎ去ったことがらをよく学んで、それを基にして新しい知識を開いて
    いく。<論語>

《参考》もとのことばは「温故知新」で「温」は「あたためて」と読むべきだという
     説もある。

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フランスの写真:2012.07.03

cancer フランスの写真:1987.08.14

ずいぶん前になりますが、とても想い出深い約1ヶ月のフランス旅行でした。
初めて東京で一人暮らしを始めてすぐの一人旅でしたが、同僚のフランス人と
パリで合流し彼女の家族とフランス北西部、ブルターニュ地方の別荘で何週間
か過ごした時の写真です。

Dscf3050
歩いてすぐの海で貝を獲って夕食に食べたり、近くの島に渡って散策したり、
7歳の女の子と2歳の男の子の姉弟と遊んだり、今思うと何と豊かでのんびり
過ごした夏休みだったことでしょう!!

Dscf3051
自分で写したカニの写真はどれも画面からはずれたり、ボケたりしてしまい
ましたが、年月を経ても潮の香りがしてきそうです。yacht

7歳だった女の子は結婚してお母さんに、男の子はパリのホテルで働いて
います。ついこの間のことのようですが、四半世紀過ぎてしまいました。

今日の故事・ことわざ

*瓢箪で鯰を押さえる(Hyoutan de namazu wo osaeru)
意味:ぬるぬるしている為手で押さえるのさえたいへんななまずを瓢箪で
    押さえるということで、つかみどころがなく要領を得ない、また、とうてい
    目的を達することのできないことをたとえたことば。

英語:He is sa slippery as an eel.
    (うなぎのようにとらえにくい人)

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミラノの写真:2012.07.02

cancer ミラノの写真:1990.03.18

以前の勤め先で1度だけあった研修旅行に同行し、イタリアとフランスへ行った
時のものです。

Dscf3048
“Duomo(ドゥオモ)”の中に見つけたカニです。ずいぶん前な上に、ピンボケで
よくわかりませんが石の壁に貼られた紙のようです。
教会の中でカニの絵が意味するところは分かりませんが、日本の干支のよう
に方向を示しているのでしょうか?

Dscf3049
’78の初めての海外旅行もイタリアから始まりました。最近はユーロ圏内で
スペインと共に問題のある国としてその名前を聞くことが多く残念です。
先日その2国が対戦したサッカーでもスペインに負けたとか・・・。soccer

今日の故事・ことわざ

*罪を悪んで人を悪まず(Tsumi o nikunde hito o nikumazu)
意味:罪はにくむべきものであるが、罪を犯すに至った事情を考えると、
    犯したその人をにくむべきではない。<孔叢子(くぞうし)

用法:裁判で、情状酌量の余地ありと判決される場合などによく引用される。

英語:Detest the sin,but weep for the sinner.
    (罪を憎んで罪人のために涙せよ)

[故事・ことわざ・世界の名言集より]     ミルフィーユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧